2013年04月18日

LibreOfficeで数式を組む

先日から子ども向けの数学の問題をつくっているのだけれど、これが案外と厄介だ。一つ前のエントリでフォントの問題を書いたが、実はフォントだけではない。もともとワープロは数式を組むようにはできていないので、きれいに組み上げることがなかなかできない。たとえば分数なんかは、OpenOfficeそのままでやろうとおもったら図形文字を利用するしかないだろう。文字枠の中に数字を入れて2行にし、上の行の文字に下線を修飾しておいてからその行間を75%程度にすればそれっぽくなる。これを必要な場所に持っていけば、なんとかゴマカシがきく。けれど、しょせんごまかしでしかない。何箇所もそういうごまかしをしていると、手間がかかる上に仕上がりがだんだんと醜くなる。これはよろしくない。

同じワープロソフトでもMS Wordには数式のエディタがある。LibreOfficeにも数式エディタはあるのだけれど、これは出力がPDFで、ワープロに数式を埋め込むことができない。かといって数式エディタをワープロとして使うには、文字の書式指定の能力が不足する。いまひとつ、役に立たない。

なにかいい方法はないかとリポジトリを調べていたら、Abi Wordに数式のプラグインがあることがわかった。Abi WordはGnomeの公式ワープロソフトで、LibreOfficeに比べれば知名度はいまひとつだけれど、歴史のあるワープロだ。私もUbuntu移行直後には何度か試用した。ただ、LibreOffice(当時はOpenOffice)の完成度がどんどん上がってきたので、その後、特に注目もしないできた。だが、数式がきれいに組めるのなら、使ってもいいかもしれない。

インストールしてみると、たしかにメニューの「自動テキスト」のEquationから数式を組むことができる。ただ、このダイアログに出てくるボックスには、Latexのフォーマットで数式を流しこむ。つまり、数式の処理自体はLatexでやってしまい、それを画像としてワープロ上に表示してしまえということらしい。

ちなみに、Latexは私なんかが解説を加えるまでもない伝統的な組版に特化したマークアップ言語で、理科系の学生の中にはこれでひいひいいわされる人びとが毎年一定数発生する、というものらしい。Latexの基礎となるTexについて私が初めて聞いたのはもう20年も前になるから、相当古いものであるのはまちがいない。組版技術としては相当のものらしいが、ページレイアウトの利便性ではWYSIWYGのDTPソフトにはかなわず、理数系の学術分野以外では常にマイナーな位置に置かれてきた。だから私も、使ったことがない。
言い方を換えれば、Latexがわかるぐらいなら、最初からLatexで数学のテキストをつくっているわけで、わからないからワープロソフトで組もうとして苦労している、といっていい。とはいえ、いまさらLatexを勉強するのも鬱陶しい。マークアップ言語でタグをゴリゴリ書いていくのは、たとえそれがHTMLでも勘弁願いたい世界だ。ちょっとなあと思う。

けれど、試しにごくかんたんな数式をそのままボックスに入れてみると、思いの外きれいな結果が得られた。ちょっと複雑なものに関しては特殊な記法があるようだが、これはWebを検索すればすぐに出てくる。やってみると、必要な分はどうにかなりそうだ。

ただし、Abi Wordは、やっぱりワープロとしてはLibreOfficeにかなわない。どうかなわないかというと、インライン変換ができない。ここにあるような方法をとればインライン変換もできるようになるらしいが、ここでふと気がついた。オープンソースな世界だから、Abi WordでできることはLibreOfficeでもできるように誰かががんばってくれているかもしれない。そこで調べてみると、TexMathsというプラグインを導入すれば、同様にLatex形式の数式をワープロ文書中に挿入できることがわかった。早速ダウンロードして適用。

ただし、そのままでは使えない。依存関係があって、Latexとdvipngというプログラムを予めシステムにインストールしておかなければならない。これはどちらもリポジトリにあるものそのままでOKなようだ。

ということで、LibreOfficeできれいな数式が組めるようになった。ワープロ編集画面中の数式の表示はたぶんAbi Wordはフォントがベクターデータなので、きれいだ。LibreOfficeはpngのビットマップデータなので、美しくない。けれど、プリンタで出力すればちがいはわからない。十分だろう。

どちらのワープロソフトも、Latexのデータを一方通行で画像データにしているので、一旦作成した数式の再編集はできないようだ。これはちょっと不便だが、その都度、Latex形式のデータをコピーしておくという運用で乗り切ることができる。これでずいぶんと、作業が楽になった。
posted by 松本 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月17日

数学の問題作成にStixフォント

数日前、子ども向けの数学の問題をつくろうと思った。中学生の数学で、xとかyの文字が出てくる。こういう変数は伝統的にイタリック体で表すことになっている。ただし、数学の教科書に出てくるイタリック体は、一般の欧文書体のイタリック体に比べてやや特殊だ。なかなかぴったりくるフォントがない。

それなら適切なフォントをダウンロードすればよかろうと、数式用のフォントで検索をかけると、Stixというオープンなプロジェクトのフォントがあることがわかった。公式サイトから入手ドできるようなので、早速ダウンロードした。そして、この圧縮ファイルを解凍してフォントフォルダに突っ込んでやったが、なにも起こらない。

よくよく見てみたら、どうやらフォントファイルの形式がUbuntuで扱えるものとはちがっている。とはいえフォントデータそのものはあるわけだから、なにか適切なプログラムで変換できるだろうと見当をつけた。ローカルで使うだけなら、それで問題はないはず。

けれど、フォント作成・変換のツールを探し始める前に気がついた。データの形式がちがうために壁にぶち当たったユーザーは私だけではないはずだ。オープンソースの強みは、その私以前の誰かをあてにできることだ。ずっと以前に誰かがこのStixフォントのデータをUbuntuで扱える形式、たとえばOTFに変換してくれているかもしれない。

そこでまずは手はじめにとリポジトリ内を検索してみたら、あっさりとotf-stixというプログラムが見つかった。これをインストールすることで、あっさりと問題解決。

このStixフォント、イタリック体の形式がいいだけでなく、組版で頭を悩ませるもととなる二倍カッコ、三倍カッコなどにも対応している。分数の組みはそのままでは対応していないようだが、カッコや積分記号などは不細工にそこだけフォントサイズを変えるというのではなく、そのまま書体だけ指定すればうまくいってしまう。これはなかなかいいかもしれない。
posted by 松本 at 08:24| Comment(2) | TrackBack(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月31日

なんちゃってAndroidアプリの開発 - その2

前回少しもったいをつけすぎたかもしれない。端的にいえば、jsWaffleというツールを使えば、HTMLで書いた文書をAndroidのアプリにすることができる。それだけの話だ。だが、せっかくもったいをつけたのだから、私がそこにたどり着くまでの経緯を書いておこう。

Webサービスを使って.apkファイルの作成をする中で、「これって単純にHTMLで書いた文書を埋め込んでいるだけじゃない。だったら、そのぐらいのことはこのWebサービスでなくったってできるかもしれない」と気づいた私は、早速Googleに聞いてみた。検索キーワードはAndroid、HTML5、アプリ作成、そのぐらいだったと思う。その結果、すぐに出てきたのがこのスライドだった。

http://www.slideshare.net/kujirahand/html5javascriptandroidseminar

このスライドは非常にわかりやすく、Androidアプリ開発の中でのHTML5の立ち位置を示してくれていた。なるほど、「なんちゃってアプリ」程度ならHTMLでごまかすのがいちばん簡単そうだと、改めて自分のカンが当たっていたのを確認した。そして、そのためのツールとして、jsWaffleやPhonegapといった選択肢があることもわかった。

さて、となると、その線で一歩を進めたい。調べてみるとPhonegapの方が世界的にはユーザーが多そうで、その分だけ情報も多そうだ。けれど、jsWaffleは、上記のスライドの作者が開発者ということもあって、このスライドをそのまま追っかけていけば片付いてしまいそうだという手軽さがある。なによりもまず、ツールがUbuntuで動かなければならない。

さらに調べてみると、基本的に開発環境はクロスプラットフォームなことがわかった。だったら書かれている手順通りにいけばいい。

スライドには、Aptana Studio2を最初に用意するように書いてあるが、これはEclipseでも可能とのことで、それならとリポジトリからEclipseをインストールしかけたが、さらに調べてみるとその次に書いてあるAndroid SDK Tool(ADTプラグイン付き)というのをダウンロードするとオマケで最新のEclipseがくっついてくることがわかった。だから結局、下準備としてはAndroid SDK Tool(ADTプラグイン付き)をダウンロードするだけ。そのままバイナリで配布されてくるので、インストールの手間さえない。

次にjsWaffleのインストール。これは公式ページから。むしろこっちのほうが厄介で、というのは、これにはAdobe AIRで動くからだ。本来はjsWaffleのインストールでAdobe AIRが自動でインストールされる手はずなのに、Linux版のAdobe Airがサポート外になってしまっているため、ここが通らない。結局手動で非サポートのAdobe Airをインストールし、その上にやはり手動でjsWaffleをインストールすることになる。たぶんここがいちばん手間がかかった。

インストールが済んでしまえば、あとは公式ページやスライドにあるインストラクション通りに進めるだけ。そして、たしかに/asset/www内にあるindex.htmlを書き換えるだけで、あっさりと「なんちゃってアプリ」ができてしまった。

一瞬まよったのは、「じゃあどうやってコンパイルするんだ?」ということ。これは心配無用、自動でbinフォルダ内に.apkファイルができている。これを実機にインストールするだけ。なお、私の使っていたパソコンは非常に非力なので、デモ環境でテストするよりも実機でテストする方が早いという情けない実情だった。

このあと、アイコンの変更やら何やらと追加の作業はあるのだけれど、基本的にはこれだけでアプリができてしまう。jsWaffle恐るべしだ。

posted by 松本 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

なんちゃってAndroidアプリの開発 - その1

私はプログラマではない。20年ぐらい前には少しだけプログラミングに興味をもったこともあった。15年ぐらい前に(どんな言語だったかは忘れたけれど)「Hello World」だけは書いた。それがプログラミングに関する知識の全てだった。

けれど、表計算シートのマクロからはじまって、ここ数年、少しずつ、少しずつ、プログラミング的な作業をするようになってきた。そして昨年秋には、ついにPythonで初歩的なプログラムを組んでみることになった。この話は一段落したらネタにしようと思い続けて、なかなか手をつけられずにいる。とるに足らない小さなプログラムでも、自分にとっては大変なプロジェクトだったのだから。

その大変な思いに比べたら実にあっけないほどかんたんに、この3日で「スマホ・アプリ」をつくってしまった。と言ったら話が太すぎる。「なんちゃってAndroidアプリ」というほうが実態に近い。けれど、とにもかくにも.apkファイルができて、端末にインストールできたのだから、驚いた。まさかできるとは思わなかった。

発端は、仕事に行った先の事務所の人が、「スマホのアプリってできない?」と言ったことだ。それが今週の月曜日。彼女が関係のイラストレーターからオープンなイラスト素材を入手した。それでもって「アプリ」ができて配布ができたらいいなと、その程度の話だった。

もちろん私は「できませんよ」と言った。いくら素材があっても、3日でアプリはできない。ちなみに私は月曜日と木曜日と金曜日に別件でその事務所に仕事に通うことになっていた。たいして忙しい仕事ではなく待ち時間が大量に出るので、その空き時間でなにかできないことはないだろう。けれど、やったこともないアプリ開発なんて、3日でやるのはありえない。

けれど、半端な時間は十分にある。だったら、せめてやり方だけでも調べておくか(その上で「この程度でできますよ」とか提案できれば次の仕事になるかもしれないし)と、検索を始めた。

このときに思い出したのは、以前にネタ系のブログをやっていたときに行き当たった「アプリをつくるWebサービス」だ。ブラウザ上でインタラクティブにコンテンツを指定していくだけでアプリができるという。さがしてみると、確かに私の記憶にあったサイトを含めていくつか類似のサービスが出てきた。そのなかで比較的使いやすそうだったのがhttp://ibuildapp.com/で、ここでポチポチとコンテンツのアップロードを始めたら、夕方帰る前には.apkファイルができてしまった。スマホのメモリカードにコピーしてインストールすると、確かに動く。サイトに「5分でアプリができる」と書いてあったのは大げさとしても、実際にコーディングゼロ、数時間でアプリができてしまった。

けれど、勘違いしてもらっては困るのは、私は英文のこのWebサービスをけっして推奨しようとは思わないことだ。できたアプリの動作は重く、広告は見苦しく、そしてなによりも「これって本当に安全なの?」という疑念を晴らせなかったからだ。もちろん、怪しいサイトではないのかもしれない。けれど、そうでないと言い切る証拠もない。危ない橋はわたらないのが安全だ。私はすぐにそのアプリを削除した。念のため、端末の初期化までやっておいた。安心のために。

ただ、このWebサービスを使い、あるいは類似のいくつかのサイトを試用してみて、わかったことがある。これらの「アプリ作成サイト」は、基本的にはたいしたことはやっていない。いくつかの方法は選択できるようだが、最も単純にはHTMLをアプリとしてコンパイルしているだけだ。HTMLの中にはJAVA scriptも組み込めるからそこまでやったら相当高度なアプリもできる。そこまでやらなくても、ホームページのインタラクティブな文書、つまりはリンクをつけてコンテンツのあいだを移動するようなことだけでも、「はい、アプリでございます」とコンパイルすることができる。「なんちゃってアプリ」だ。

私が月曜日の午後に片手間につくったのは、そういう種類のアプリだった。だが、もしもHTMLをコンパイルするだけでアプリができるのだったら、そのためのツールぐらい出回っていてもおかしくない。Webサービスを使って実地にやってみることで、そこに思い至った。じゃあどんなツールがあるんだろうと探したら、なんともご機嫌なツールが見つかった。その話は次回においておこう。
posted by 松本 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

いまさらながらにGoogleのナビが便利

カーナビは、長く夫婦喧嘩のタネだった。どこか新しい場所に車で出かけるたびに、妻がカーナビが必要だという。私は、月に1度使うかどうかわからないようなものに高いお金をかけるのはばかげていると返す。平行線のまま、いつも空気はわるくなっていた
そのうちに、Googleがナビをリリースして、私は妻に、「いまにカーナビなんて買うのは時代遅れになる。タブレットを車にセットしたらそれでカーナビ代わりになるんだから」と言った。これがますます事態を剣呑なものにした。なぜなら、スマホもタブレットも、お金のない私たちには無縁のものだったからだ。

けれど、妻は2年前にiPhoneユーザーになった。ただ、それですぐに事態が解決したわけではなかったのは、当時のiPhoneのGoogleのナビは、音声案内がなかった。だから、相変わらずナビ問題は消えなかった。音声案内なしでは、ドライバは画面を注視しなければいけないので、実用上問題がある。
一方の私は、1年半前にAndroidユーザーになった。Android版のGoogleのナビは、音声案内もある。そこで少し試用してみたが、このときは使い方がいまひとつよくわからなかったのと、たぶんイオン通信のレスポンスの悪さ、そしてIDEOSの電池の持ちの悪さで常用するには至らなかった。なにせIDEOSはナビで使っていると電池が数時間で尽きてしまう。これではどうにもならない。

最終的にナビ問題を解決したのは、昨年AppleのiOS付属のマップの悪評散々の中、Googleが満を持してリリースしたiOS用のマップとナビだった。これはほぼ完璧なナビ機能で、なんの文句もない。たしかに電池食いではあるが、これは車のシガーソケットから充電するケーブルを用意することであっさり解決した。よく見れば百均でさえそんなケーブルは売っている。私のIDEOSも、IIJのSIMに変更したこともあって、ケーブルさえ刺せばナビとして十分機能することがわかった。妻はFMトランスミッター付きのクレードルまで買ってきて、これでナビと音楽の問題が一気に解決した。

と、前フリが長くなったが、先日、中古3,000円のXperia SO-01Bを買って、IDEOSとの変化でまっ先に気に入ったのがこのGoogleのナビだった。おそらくAndroidのバージョンがIDEOSは2.2なのに対してXperiaは2.3とひとつ高いことが関係しているのだろうが、ナビの機能が一段と進歩している。たとえばiPhoneのナビでは経路の設定から外れて進行するとすぐに計算をしなおして新しい経路で案内を再開してくれるのに、IDEOSのナビでは経路を外れたまま、元の経路に戻るか設定をやり直すまで案内は中断していた。これはちょっと面倒だったが、XperiaではiPhone同様にすぐに新しい経路に導いてくれる。UIも少しちがっているようだ。

使い込むほどに便利さがわかってくるGoogleのナビは、これだけでスマホをもつ価値を感じさせてくれる。月額1000円とか500円のSIMカードが出まわるこの頃だから、最安でカーナビを用意する方法のひとつかもしれない。中古の端末を数千円で手に入れられるのだし。
posted by 松本 at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

いまさらながらに初期のXperiaを買った

スマホユーザーになったのは一昨年の10月だから、1年半にはならない程度だ。「小さなパソコン」であるスマホには、それ以前から非常に興味はあった。けれど、このときスマホを買ったのは、単純にもう一台の電話が必要だったからだ。月1,000円のイオンSIMと中古で1万円ちょっとの日本通信のIDEOS、それに月額500円の日本通信のモバイルIPフォンを組み合わせれば、単なる携帯電話としても最安に近い出費で最低限のスマホが持てる。そういう低レベルの話だった。

このIDEOSは、やはり相当に低スペックで、正直、電話として使うのは相当に厳しかった。けれど、Googleの各種サービスやTwitterなど、スマホならではの使い勝手もあり、まずは最低限こんなものといえなくもなかった。通信速度の遅さには正直辟易して途中でイオンSIMからIIJのmioに乗り換えたし、近々日本通信のモバイルIPフォンともおさらばして昨年秋から試用しているFusionのIPフォンに全面移行しようと思っているけれど、まあ、お世話になった端末だった。

ただ、しつこいようだけれど低スペックなので、昨年秋ぐらいから乗り換えを考えはじめていた。とはいえ金はない。中古のスマホの値段が下がってきているので、5000円を切ったら適当なものを買おうと思ってきた。そして実際、数カ月前から5000円程度でAndroid携帯の中古や新古品が出まわるようになってきていた。

ただ、そのほとんどがSIMカードが合わなかったり、状態が悪かったり、IDEOSよりはマシといえスペックが低かったりと、いまひとつ踏み切るのに二の足を踏むようなものばかりだった。ところがこの1ヶ月でさらに中古相場が下がってきていた。そろそろかなあと思っていたら、たまたま先週末、量販店の店頭で特売品のXperia SO-01を見た。3,000円である。いままで見た中で最安で、しかもあのXperiaではないか。

いや、たしかにソニエリは手放しでほめられるような製品をつくっているわけではない。ちょっと突っ走り過ぎたり、妙なクセがあったりというのがWebでの評判だ。けれど、やっぱりユーザーの信頼は得ている。スペックも悪くない。Android採用としては初代にあたる古い機種だけれど、当時はこれでもずいぶんと話題になったものだ。3,000円なら、昼飯を何回か抜いたと思えばそれで済む。念のため初期不良の交換ができることだけを確認して、買った。衝動買いのように。

さて、このXperia、ちゃんとIIJのsimも入って、なんの問題もなく動いている。拍子抜けするぐらいふつうだ。いちおう、使いはじめにあたってAndroidを2.3にアップデートした。やり方はいくらでもWeb上にころがっていた。Linux上からでも実行できたようだが、はじめそれがわからずに久々にWindowsを立ち上げたので、そっちからやった。だからよけいに、ここで書くことはない。

端末を移行するにあたってちょっとだけ面倒だなと思っていたのは、日本通信のモバイルIPフォンの撤収がまだできていなかったこと。電話番号の変更の通知が終わるまでIDEOSと2台持ちかなあと覚悟していた。けれど、按ずるより産むがやすしで、なんとXperiaにも日本通信のモバイルIPフォンのアプリはインストールできた。ちゃんと通話もできるので、なんの問題もない。気がつけば、すんなりと移行が済んでいた。

ただし、ひとつ気になる問題は残っている。それは、Xperiaの充電がときに失敗することだ。充電しているつもりでも、気がついたら電池が減っている。Googleに聞いてみると、どうやらこれはXperia SO-01固有の問題のようで、これで修理に出したという事例がいくらでも出てくる。どうやら充電用のUSBコネクタが弱点らしい。

ただ、いまのところ、これは運用で乗り切れそうな感じがする。検索で上がってくる事例ではいくら工夫しても充電ができない症状が多いようだが、このマシンに関しては端子の挿し直しをしたりシステムの再起動をしたりすればどうにかなりそうだ。だから、たぶん最初の持ち主もここまで我慢して使ったのだろうし、そして3,000円というような捨て値で売られる結果にもなったのだろう。まあ、初期不良の交換は1ヶ月以内なので、もう少しだけようすを見て考えようとはおもう。

それにしても、IP電話関連のアプリを2つも常駐させていると、電池の減りの早いこと。これはさっさと日本通信のモバイルIPフォンの方はおさらばすべきだろう。仕事の関係でちょうど3月いっぱいで終わりにすると都合がいいので、あと少しだけ我慢。

posted by 松本 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

Soxは便利

以前、soxでカセットテープ音源のスピード調整という記事でAudacityなみの処理をコマンドラインから行うSoxというアプリを使った経験を書いたが、再びこのSoXを利用したので一例報告まで。

発端は、妻がBluetooth接続のスピーカーを買ったことだ。5年ばかり前の引越しの際に妻が長年愛用したカセットコンポを処分して以来、我が家にはオーディオ機器がなかった。今回買ったBluetoothのスピーカーは、オーディオ機器というにはあまりに貧弱だが、それでもたとえばテレビのスピーカーなんかに比べればはるかにマシで、いい音がする。ある意味、音質に限界のあるMP3ファイルの再生にはちょうど似つかわしいかもしれない。ということで、MP3プレーヤーとして使えるスマホを音源として、久々に音楽のある生活が戻ってきた。

ところが、ここで困るのがMP3ファイルの音のレベルの差だ。音源がレコードやCDならその1枚の中でレベルはきっちり調整されている。自分で録音したテープなら、録音するときにそのあたりは気を使ってできるだけ差の出ないようにしている(というか、はるか昔、「エアチェック」をやっていた高校生の私は、けっこうそのあたりに気を使ったものだ)。しかし、MP3ファイルはバラバラのソースからバラバラに入手したものをまとめて聞くので、レベルの差が気になる。曲が替わるたびに音量を変更するのは現実的ではないし、かといって突然大きな音になったり聞き取れなくなるのもの快適ではない。

ということで、MP3の録音レベルを統一する必要がある。Audacityでやれば簡単なのだけれど、いちいちファイルを開いてフィルタをかけ(「正規化」というフィルタでたいていはOKだ)、エクスポートするという操作をファイルの数だけ繰り返すのはたいへんだ。となると、SoXでバッチ処理がよかろうということになる。

調べてみると、SoXの正規化は、
sox infile outfile gain −n
というコマンドでOKなようだ。これをバッチでやるには(元ファイルが.ogg形式として)、

for i in `ls *.ogg`; do echo -e "$i"; sox $i a/$i.ogg gain -n; echo -e "$i.ogg"; done

というスクリプトになるようだ。なお、このコマンドは該当するファイルの存在するディレクトリにはいって実行し、実行前に予めそのディレクトリ内に「a」という名前のフォルダを作成しておく必要がある。このスクリプトの詳細な意味は、実のところ私にもよくわかっていない。前の記事に書いたスクリプトを必要に応じて変更しただけだし、そのさらに元のスクリプトの出典は、その記事のどこかにリンクをはってあるはずだから、必要な方はぜひたどってほしい。

ともかくも、これで録音レベルは揃った。音楽を聞くのもなかなか一筋縄ではないな。
posted by 松本 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

PDFの文字入れならXournal

一つ前のエントリでKarbonが思いがけず使えたと書いたが、そのコメント欄でTOYさんから「PDFに赤入れするならXournalが簡単ですよ。」と教えていただいた。早速、Xournalを調べてみたら、スタイラスペンでの入力のためのアプリらしい。PDFの編集とはちょっとお門が違うようだけれど、モノは試しとインストール。Ubuntuのリポジトリにあるから、Synapticパッケージマネージャで(というよりいまではソフトウェアセンターで、というのがメインストリームなんだろうが)ごく簡単にできる。

立ち上げてみると、レポート用紙のような罫線の画面になる。なんとなく、iOSアプリの7notesを思い出す。たぶん、用途としてはそういう方向性なのだろうが、メインの用途ではないPDF編集に使うわけだから、この画面は要らない。メニューのFileからAnnotate PDFを選ぶとファイルの選択画面が出るから、ここからPDFファイルを開く。すると、その上に罫線を引くことも文字を打つことも自由にできる、という具合だ。

Inkscapeのようなドローイングソフトと違うのは、文字や図形のベクターデータを編集可能なかたちで読み込まないこと。基本的にはevinceのようなPDFビューワでPDF文書を閲覧しているのと同じだと思えばいい。あとからXournal上で打ち込んだ文字や図形は、おそらく元のPDFに追加されるだけで元データそのものはいじらないのだろう。

これはこれで、ひとつの利点になる。というのは、Inkscapeのようなドローイングソフトではフォントがうまく読み込めないときにはフォントの置換を自動的に行い、それがレイアウト崩れの原因になる。さらに、いったん読み込んだPDFを保存するとファイルの大きさが増大するケースが多い。図形の読み込みでもエラーが起こる場合もあり、いじるつもりのない部分までいじることができてしまうというのは、用途によっては(たとえば書式に書きこむだけのような場合には)ない方が嬉しいぐらいだ。そういう点で、Xournalは使い勝手がよさそうだ。

ただ、メニューのFileからExport to PDFを選んで保存しようとしても、ファイルによってはうまくいかない場合があるようだ。ちょっと試しただけなのだけれど、うまく保存できたファイルとあとから打ち込んだテキスト文字だけが保存されて元データが保存されなかったファイルとがあった。ただし、後者の場合でもPrintからPDFファイルとして保存するというベタな方法なら問題なく元データと、その上に書き込んだデータの両方がきちんと保存される。問題というほどの問題にはあたらないだろう。

元データの一部でもいじりたいとき(たとえば図形の位置を変更したいとか文字を削除したいとか)ならやっぱりInkscapeだとは思うが、実用的にはほとんどがこのXournalで間に合いそうだ。いいツールを教えていただいて感謝している。

posted by 松本 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

Karbonが思いがけず使えた。

PDFで与えられた様式にデータ上で記入するのは案外と面倒だ。オフィス系のソフトでこれをやろうとすると、直接PDFデータを取り込むことができないから、画像化するぐらいしか方法がない。適当な方法、たとえばスクリーンショットとかでPDFデータを画像化し、それを下絵としてワードなりなんなりの文書に貼り付ける。その上からテキストを配置していくわけだ。だが、この方法はスマートとは言いがたい。アウトラインデータはドット化するし、文書を保存したらそのぶんだけ重くなる。

PDFを直接編集するならAdobeのAcrobatにその機能があるが、Linuxの場合、これはPDF Editorになる。ただ、このPDF編集ソフトは、あまりフレキシブルとは言いがたい。きれいにデータを加工するのであればやはりベクター編集ソフトであるInkscapeでPDFを読み込んで、その上で編集してやるのがいちばんだろうと思う。

今朝、たまたまPDFの様式があって、これにいくらか文字を記入しなければいけない作業が生じた。いつものようにPDF文書を右クリックしてInkscapeから開くように指定した。2ページある文書の1ページ目に記入する必要があったのでそちらを選択し、さて、開くように指示をしたが、いつまでたってもそこから先に進まない。

PDFはかなり複雑な仕様なので、ごく稀にこういうことが起こる。Inkscapeで開けないPDFは編集は基本的に無理なので、画像として処理するしかない。こういうときはやはり右クリックからInkscapeではなく、画像処理ソフトのGimpを選択する。そして、画像としてGimpで文字を貼りつけていくのがいいだろう。

そう思って、右クリックで「別のアプリで開く」を選択したら、そのリストにKarbonが上がっている。実は、少し前、ベクターグラフィックソフトにKarbonというのがあると聞いてインストールしてみていた。インストールしてから気がついたのだが、これは以前のKOffice、現在のCalligra Suiteの一部を構成するソフトだ。だったらあまり期待もできないなと思って試用して、「まあ、Inkscapeには勝てないな」とその後放置してきたものだ。

けれど、せっかく候補に上がったのだからとそれでPDFを開くようにしてみたら、あっさりと開くことができた。Inkscapeでは無理なのがKarbonだと通るということがあるようなのだ。これには、正直、「お、やるじゃないか」と思った。

ただ、肝心の文字を打つ方法がわからない。どうするのかなあと思ったら、右下隅にArtisticというアイコンがあって、これで一行テキストを挿入できる。そして、テキスト編集に入ると、それまでアラインメントを表示していた部分にテキストの属性指定の画面が現れるので、これである程度のことができる。UIがちがうので最初かなり戸惑うが、それなりのことはきちんとできるようだ。

ただ、結局これで作成した文書は使わなかった。最初に読み込んだとき、フォントの置換がうまくいかなかったらしく、元文書のレイアウトが少しだけ崩れてしまったからだ。結局はGimpで処理したのだからKarbonのご利益は特になかったと言える。それでも、今後が楽しみに思えてきた。また機会があれば試してみよう。
posted by 松本 at 22:02| Comment(2) | TrackBack(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

WineでInDesign - WindowsユーザーがUbuntuに乗り換えるべきもうひとつの理由?

時間がなくて最近はそれほどマメに見ていないTwitterを開いたら、タイムラインに「無料のAdobe製品をダウンロードした」というようなTweetがある。どうせ海賊版か何かだろう、触らないほうが吉と無視を決め込んでいたら、どうやらそれは、こちらの記事にあるような事情のことらしい。

「無償でライセンス提供していない」--アドビ、CS2ダウンロード騒動に正式コメント

アドビ、CS2製品データ公開は「正規ライセンス保持者への措置」と発表
 
私はかつてアドビ製品を使って仕事をしたこともあるが、現在はライセンスを何一つ所持していない。だから、海賊版ではないにせよ、これをダウンロードして使うわけにはいかない。これは記事のとおりだ。だが、この記事を読んでいてふと気になった。今回、ライセンスを所有しているユーザーに対して旧製品のダウンロードサービスをAdobeは提供しているわけだが、その理由はどうやらこれらの製品はそもそも現代的なOSでは動作せず、Adobeとしてもサポート外としているということに関係しているらしい。「旧来のOS上で継続してCS2製品およびAcrobat 7を利用するユーザーを考慮し、」というわけだ。
ということは、Windows Vista以降、CS2が動作しないということでAdobe製品の使用を断念するかXPにとどまり続けるかの選択を強いられたユーザーがいるということだ。そして、CS2のライセンスにとどまり続けている人々は、時代遅れのXPから進歩できずにいる(あるいは仮想環境を使う不便を強いられている)。その詳細は、たとえばこちらにある。

しかし、ひょっとしたらUbuntu上のWineなら、最新の環境でCS2が動作するのではないかと気がついた。私はライセンスはないけれど、動作確認をするぐらいの試用ならお咎めを受けることもあるまいと思って、Creative Suitesの中でも特に出色のできだったと私が思っているInDesignをダウンロードしてみた。そして、Wineで走らせると、順調にインストールできる。

ただし、起動はうまくいかない。やっぱりだめなのかなと思いながらWineの公式ページを見ていると、こちらに対処方法が書いてあった。ネイティブのsystem32/oleaut32.dllをコピーし、.wineのProgramフォルダ内にあるInDesignのディレクトリのPlug-Ins/Script/Support for Visual Basic.aplnを削除すると起動するらしい。やってみると、まちがいなく起動した。そして、はるか昔にInDesignで作成したデータも無事に開くことができた。

もちろん、Wine上の動作なので、完璧とはいかない。ごく短時間の試用でも、「あれ?」というようなところはいくつかあった。たとえばプリンタはうまく認識しない。おそらく機能的には十全ではない。けれど、とにかく動作する。

ということは、CS2(あるいはInDesignの4.0)の正式ライセンスをもった方でXPを離れられずにいる方は、Ubuntuに乗り換えれば最新の環境でInDesigneを使い続けることができる、ということではないだろうか。これは、Windowsを捨ててUbuntuに乗り換える理由にはならないか?

まあ、ならないだろうなとは思う。InDesigneはかつかつ動くものの、Illustratorはどうやら動作しないようだから。Photoshopは動作するらしいけれど、この時代のPhotoshopならいまのGimpのほうがたぶん上を行くだろう。なによりも、今回のダウンロード製品は英語版で、日本語の表示はできるし基本的な機能はOKだけれど、やっぱり日本語環境で100%使いこなすには難があるだろうから。

ということで、まああまり役にも立たない試行となった。ライセンス違反でとやかく言われるのは嫌なので、すぐにインストールしたソフトは消去した。これは、ホームフォルダ内の隠しフォルダ.wineをまるごと消去するのがいちばんだ。wineのおもしろいところは、このフォルダを入れ替えることで、環境の復元や初期化が非常に簡単に行えること。この魅力は捨てがたい。少なくともいろいろ遊んでみる上では。
posted by 松本 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

soxでカセットテープ音源のスピード調整

ずいぶんと以前、Audacityでカセットの整理で書いたのだが、古いカセットテープの音源は、すべてMP3に落として後生大事にハードディスクに保存している。なつかしいテープばかりだから、捨てる気になれず、手間暇かけてMP3化したわけだ。ところが、この音楽ファイルを聞くことは滅多にない。いろいろと理由はあるのだけれど、最大の問題は再生装置がないことだ。もちろんパソコンで再生することはできるし、MP3プレーヤーで聞くこともできる。けれど、コンポが壊れて以来バックグラウンドミュージックとして部屋で流すのに適した装置がなく、わざわざイヤホンつけてまで聞くのも大層なので、ほとんどオクラ入りになっていた。

実際、最近は音楽を聞くのはほとんどカーステレオに限られてきてしまっている。だから、MP3プレーヤーとFMトランスミッターを組み合わせて車で聞くつもりだった。ところが、これが雑音を拾うばかりでちっとも快適ではない。なんだかなあと思って、それもやめていた。調べてみると軽自動車ではエンジンからトランスミッターまでの距離の関係で雑音を拾うことがあるらしい。どうもそういうレアなケースに遭遇したらしいと、すっかりその方面は諦めていた。

ところが、最近になって妻がMP3プレーヤーの代わりにiPhoneを持ちだしてFMトランスミッターを試してみると、雑音のないクリアな再生音がする。なんのことはない、雑音を拾っていたのはFMトランスミッターではなく安物のMP3プレーヤーだったわけだ。そうとわかったら、やっぱり古い音源も聞きたくなるだろう。

だが、ここで問題が発生した。いや、あらためて発生したというよりも、以前から放置してあった問題がクローズアップされることになった。

カセットテープの走行速度は、ちゃんとした規格が定められている。もしも規格外のスピードで再生したら、音程やテンポが元の音源と狂ってしまう。けれど、実際にはカセットテープの走行速度はデッキやテープレコーダー、ラジカセの機種によって、微妙に異なっている。このことはずいぶんと以前から気づいていた。というのははるか昔、高校入学祝いにカセットデッキを買ってもらったとき(というか、「祝いに買ってやる」というので自分で日本橋に買いに行ったのだけれど)、そのデッキでラジカセ録音のテープを再生すると音程が違うのに気づいたからだ。これは私がギターが趣味で、録音した音源に合わせてギターの練習をしていたからはっきりとわかったのであって、ぼんやり聞いていたのではわからないレベルだっただろう。実際、その後も「デモテープ作ったから練習しておいて」と言われて渡されたテープの再生でフラストレーションを感じたことは何度もあった。

そして、妻と私が過去に何台かのデッキで録音したテープを最終的にMP3化する際に使用したウォークマンタイプのカセットプレーヤーで再生すると、ほとんどのテープで再生速度が数%遅くなる現象が発生した。なかには音程がぴったりのものもあったから、このあたりは相性というか組み合わせの問題だったのだろう。

最初は、「まあいいか、しょせんはカセットテープの音源だし」と思っていたが、この数%の間延びした音は、音楽として楽しむにはちょっとつらいものがある。ようやくちゃんとした環境で古い音源を鑑賞できるようになったのに、どうにも間延び感が気に入らず、結局は聞くのをやめてしまった。

これではあんまりにも情けない。Audacityを使えば再生速度の変更はフィルター一発でできる。もともとMP3への変換ではAudacityを使ったのだからその時点でひと手間かけておけばなんの問題もなかったわけだ。ただ、それをいまからやり直そうと思ったら、いちいちファイルを開き、フィルターをかけ、保存をしなおすという手間をファイルの数だけやらなければならない。テープはA面とB面の2ファイルに分かれているから、約300本のテープで600ファイル以上。これはやっていられない。

こういうバッチ処理は、やはりスクリプトで処理すべきだろう。私は「端末を開いてコマンドを」というCLIがほとんどできないGUI派だけれど、スクリプト処理の威力は知っている。コマンドラインでAudacityが使えればいちいち手作業で変換処理をしなくてもバッチでOKではないかと見当をつけた。

その上でちょっと調べてみると、Audacity並みのパワフルなサウンド処理ができるCLIのソフトでsoXというのがあるのを知った。これはUbuntuのリポジトリにも収録されている。そこで、このsoxをインストールし、端末を開いて
sox 1.mp3 2.mp3 speed 1.04
と入力してみた。ここで1.mp3というのはテスト用のmp3ファイル、2.mp3が出力ファイル、1.04という数字は4%だけスピードを早くするようにという指定である。ところがエラーが出て処理ができない。ちょっと悩んだが、これはリポジトリに収録されているsox用の追加のライブラリをインストールすることで解決した。このコマンドを実行すれば、1.mp3というファイルの再生速度が修正されたファイルが2.mp3として作成される。

さあ、あとはこれをバッチでやればいいんだと思ったものの、方法がわからない。ワイルドカードを使ってみてもうまく行かない。というのは、出力側のファイル名をうまく指定できないからだ。こういうときはシェルスクリプトを書けばいいとは思うのだが、シェルスクリプトの作法は知らない。昨年少しだけPythonを勉強する機会があったのでそれを応用しようかとも思うけれど、正月早々にそんな大層なことをやるのも面倒だ。

そんなことを思いながらさらに調べていたら、こちらにsoxを使ってwav形式のファイルを.cdrという形式に変換するコマンドが掲載されていた。ちなみに.cdrという拡張子のファイルがどういう形式なのかはさっぱりわからないが、この際それはどうでもいい。最終的にこのコマンドを参考にして、次のコマンドでバッチ処理を行った。

$ for i in `ls *.mp3`; do echo -e "$i"; sox $i a/$i.mp3 speed 1.04; echo -e "$i.mp3"; done

これを大量のmp3ファイルがあるディレクトリで端末を開いて実行する。なお、このディレクトリ内に"a"という名前のフォルダを予めつくっておいた。変換後のファイルは、このaフォルダに生成されていく。スクリプトの意味は恥ずかしながらあんまりわからないが、端末に処理済みのファイルの名前が次々に表示されていくところを見ると、「echo」はその指定なのだろう。lsでフォルダ内のファイルの情報を読み取り、それを順次処理していくことになるようだ。最終的にできるファイルは、ファイル名が1.mp3.mp3というぐあいに拡張子がダブってしまう。これをスクリプトで処理しておくのが本当なのだろうけれど、このぐらいのことならxfce4のデフォルトファイルマネージャであるThunar付属のバルクリネームであっという間に処理できる。ちなみに、上記のスクリプトはファイル名にスペースがあるとエラーを起こすので、処理前にファイル名のスペースを別文字に変換しておく前処理が必要になる。この処理にもバルクリネームは使える。なに、Thunarでフォルダを開いておき、ファイルを複数選択してF2を押すだけなので至って簡単。

うまくいかなかったのは、おそらく元ファイルの圧縮率の関係で、変換後のファイルサイズが変換前のおよそ2倍になってしまうこと。圧縮率を変化させるコマンドもsoxにはあるのだけれど、これはどうも使い方がよくわからずに断念した。

本当は、一律4%ではなく、それぞれのファイルごとに微妙に音程は異なるようだ。けれど、そこを突き詰めるよりは、とりあえずこれで快く聞けるようになったのだからよしとしようではないか。

posted by 松本 at 16:14| Comment(12) | TrackBack(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

ext3のせい? 12.10アップグレードでディスクのトラブル

先日、仕事先で使っているマシンのOSをUbuntu 12.04から12.10にアップグレードした。ちょっと遅めのタイミングだが、特に困ったことがあったわけでもなかったので、LTSだし、そのまま12.04でいくかとも思っていた。けれど、ほかで使っているマシンで12.10が調子がいいので、「じゃあ、暇なあいだにアップグレードしておこうか」と思って、空き時間にアップグレードした。

ところが、それを使っているうちに、なぜだかファイルの保存ができなかったり、アプリの起動ができなかったりするようになった。ディスクへの書き込み権限がないとか、設定ファイルにアプリが書き込めないとか、どうもディスクのエラーっぽい。思い当たるのは、安物のSDカードで同じようなI/Oエラーがあったこと。アクセスの制限をかけているわけでもないのに、権限がなくなってしまう。これはまずい。再起動すると、うまく稼働するようになる場合もあるが、起動そのものができない場合もある。うまく起動した場合でも、使っているうちにまた同じような症状が発生する。再起動時にディスクエラーの修復を求められる場合もある。反応が必ずしも一定しないのも、ハードウェア的なエラーっぽい気がする。

Ubuntuはうまく起動しないが、デュアルブートのXPなら問題なく起動するので、XP上でディスクの診断ソフトを入れてディスクを検査してみた。肝心のUbuntu領域はスキャンできないが、ディスクそのものに問題はなさそうだ。かなり老齢のディスクでいつトラブルが起こっても不思議ではないけれど、とりあえず重大なエラーは起こっていないらしい。

ということなら、やはり12.10へのアップグレードがトラブルの原因かもしれない。過去にも、アップグレードがうまく行かず、結局再インストールしたケースもあった。あまり使い込んでいないシステムの場合、アップグレードで問題が起こることは経験したことがないのだけれど、使い込んだシステムの場合、やはり新規インストールのほうが無難なようだ。そんなことを考えながら、ライブディスクから起動して、データのバックアップ、パーティションの初期化、そして初期化したパーティションにあらためて12.10をインストールと進んでみた。

ところが、結果は同じ。やはりI/Oエラーが頻発する。これはまずい。いよいよハードディスク交換かと、半ば覚悟をきめた。

けれど、ひょっとして12.10へのアップグレードが災いしたのではないかという疑念はぬぐいきれない。そこで、以前につくって保管してあった12.04のライブCDから12.04を再度インストールしなおしてみることにした。

このとき気がついたのだけれど、トラブルが起こったUbuntuパーティションのフォーマットは、ext3だった。これは、最初にXPのDドライブをLinux用に分割したときに、私がそう設定したのだろう。その後のアップグレードや再インストールでは、そのままそれを引き継いできたことになる。それはそれでOKなはずだ。

というのも、このあたりを見ると、Ubuntuをインストールするパーティションのフォーマットにはext3とext4がともに推奨されているからだ。けれど、ライブCDのデフォルトでは新規インストール用のLinuxパーティションはext4でフォーマットすることになっている。ひょっとしてこれはデフォルトを使うほうが正しいのかもしれないと思って、ext4でフォーマット、インストールを続行した。

その結果、ディスクエラーは起きなくなった。どうやらアップグレードに際してファイルシステムがext3であったことがエラーに関係していたらしい。

けれど、これはどうも理解しがたい。ちょっと検索しただけなので正確なことはいえないのだけれど、12.10をext3のディスクにインストールしてはならないというような情報はどこにも見当たらなかった。だいいち12.04ではこれまで問題なくext3で稼動してきたのだし、12.04と12.10でそれほど大きな変更があったという噂も聞かない。ここで私が「12.10のインストールではファイルシステムはext4にすべきですよ」みたいな根拠のあやふやな情報を流すべきではないだろう。

老齢のハードディスクなので、やはりハードウェア的なトラブルだという可能性は未だに残っている。もうちょっと使い込んでから、この件は再度検討したほうがよさそうだ。
posted by 松本 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

AndroidのVirtual RecorderのデータをAudacityで取り込む

最近では新古品のAndroidスマホがけっこう出回っているようなのでそうもいえないのだけれど、一時はおそらく最安レベルで手に入れられるスマートフォンだったIDEOSを使っている。さすがに安物だけあっていろいろと「使えないなあ」というところもあるのだけれど、同時にこのレベルの製品としてもけっこう役に立つところは多く、それなりに愛用している。たとえばGoogleのナビは、カーナビ代用としてそこそこに役に立つ。特にSIMカードを日本通信のイオンSIMからIIJの高速モバイルDに変更してからは、それなりにきちんと反応してくれるので、かつかつ実用レベルと言えるだろう。そのほか日常的に使っているのはメールと電話、Twitterクライアント、YouTubeぐらい。これらの機能に関しても、実用レベルと使えないレベルの境界線には近いのだけれど(特に電話はタイムラグがひどいのだけれど)、無理やり使っている感じ。それらに比べてもっといい感じで役に立っているのは、録音機としての機能だ。これは、Virtual Recorderというアプリを使っている。最初これを入れたときには、音楽の録音に使おうと思っていた。たとえばギターの弾き語りを簡単に録音しようと思ったら、昔ならラジカセを使ったが、いまならパソコンの内蔵マイクが使える。ところが、パソコンの内蔵マイクは、機器の性質上、どうしても雑音を拾う。いくら静音仕様のパソコンだと言っても、やっぱり動作音はするし、特に電磁的な雑音はどうしても消すことができない。けれど、スマホであれば、回路が小さいせいか、もともと携帯電話としての音響面での動作が重視されているせいか、機器由来の雑音が小さい。それに気がついたので、こっちで録音しようと思った。けれど、そんな遊びをしている時間もあまりなく、実際にはあまり使わないでいた。

それが、この秋になって、会議で記録をとる必要が何度か発生するようになった。急なことでデジタルレコーダーも用意できないときにこのVirtual Recorderを走らせてみると、けっこうよく音を拾ってくれる。なかなか使える。ひょっとしたら、アプリのなかでいちばん実用的かも知れない。

ただ、この録音ファイルをパソコンで聞こうと思っても、Ubuntuの動画プレーヤーであるTotemでも、より使いでのあるVlcでも再生できない。ファイルの拡張子が.pcmとなっているが、これはPCM音源であることを表していても、それ以上のものではないようだ。たとえば拡張子をWavなど他のPCM形式のものに変更しても再生はできない。

こういうときに、Audacityは無敵だ。Audacityでも直接開くことはできないが、いったん起動しておいて、メニューバーの「ファイル」から「取り込み」の「ロー(Raw)データの取り込み」とやれば、再生可能なデータとして取り込むことができる。ただ、このとき、おそらくサンプリングレートの設定が異なるのだと思うが、倍速での再生になってしまう。取り込み時にきちんと設定すればいいのかもしれないが、ここは取り込んだあとでも「エフェクト」の「スピードの変更」から修正すれば問題ない。

Audacityで開いたついでに、スピードの修正後、クリックノイズの除去や音声の平滑化、正規化、聴きやすい大きさまでの増幅などの処理をおこなっておいて、MP3に書きだせばいい。なお、MP3の書き出しのためには以前には追加のコーデックスをインストールする必要があったとおもうのだけれど、最近のUbuntuではシステムのインストール時に追加のコーデックスをインストールするチェックを入れているせいか、この手順は不要だった。

音声を取り込んだのはいいのだけれど、ここからテープ起こしとなると、あいかわらずアナログな作業にならざるを得ない。そういう必要がない仕事だったからいいのだけれど。
posted by 松本 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

デスクトップマシンを退役させた

自宅の仕事部屋を模様替えするつもりで机の上を片付け始めたら、なんだかやたらとかさばるものがある。パソコンのモニタだ。長いこと使っていなかったからすっかり風景と化してしまっていたが、17インチのモニタは、はっきりいって邪魔だ。おまけに、そのケーブルをたどっていくと、さらに邪魔っけな筐体に行き着く。机の下に突っ込んであるせいで日常の邪魔にはならないのだけれど、これから模様替えとなると、思いっきり邪魔になることうけ合いだ。このデスクトップマシン、確か2006年頃に購入したもので、当時はまだいろんな業者が賑わっていたBTO製品だ。まだまだ割高感のあったデュアルコアのCPUを積むためにそういう選択をした。私が使いはじめたのはその3年後だが、その頃にはもうデュアルコアはごくあたりまえに搭載されるようになっていた。だからあまりありがたみもなかったのだけれど、速いことに変わりはなかった。そのころ私はAtom搭載のネットブックをメインマシンとして使っていたから、処理能力が必要なときにはこのマシンは重宝した。メモリは1Gと、いまとなってはかなり少ないのだけれど、十分に使いものになるマシンだった。

実際のところ、いま、仕事先で与えられている低スペック(Celeronに512Mメモリ)のデスクノートに比べれば、はるかに使いやすいと思う。いろいろ問題はあっても、やっぱりデスクトップ型ならではのパワーがある。ちゃんとグラボも搭載しているし。

ただ、じゃあ使うのかといえば、使わない。事実として、最後にそれなりに使ったのはほぼ2年前、当時メインマシンにしていたDell Inspiron mini 12が不調になったときにピンチヒッターとして使ったのが最後だ。あのときは、まちがいなく助かった。まともに稼働する機械がいつでも使える状態で確保してあることの重要性を再認識したものだ。
だが、その直後に現在愛用のAsus UL20Aを購入してからは、とんと起動しなくなった。スペック的にも現在のマシンのほうがすこし上で、あえてデスクトップ型を使わなければならない理由がなくなったからだ。予備マシンとしていつでも使えるようにはしてあるものの、結局OSのアップデートもせず、たぶん現在入っているのはUbuntu 11.04だろう。アップグレードを3度見送ったことになる。最後に起動したのは1年も前になるのではないだろうか。それも一瞬だけ古いデータを探すためだけに起動した。探していたデータはそこにはなく、結局は現在使っているマシンに移動済みだった。

こういう状態で置いておく必要はない。ハードディスク内のデータにしたって、「資産」なんて威張ったところで、実は2年以上触らないデータにほとんど利用価値はない。1年以上電源も入れないマシンも同様だ。それは不用品だ。

気持ちの上では、まだまだ実用の価値があるマシンを退役させるのは忍びない。けれど、このまま置いておいてもなんのメリットもない。たしかにいま使っているマシンにはCD/DVDドライブはないから、その点だけでも置いておく価値はありそうではある。けれど、そもそもそういったドライブが必要ないから2年近く使っていないのだ。これはもう、不要と決めてしまってなんの問題もない。

ということで、物置からもともと入っていた段ボールを引っ張り出して収納してしまった。収納したところで、なにか意味があるわけではない。物置のなかでどんどん時代遅れになっていくだけで、数年たたないうちに本当のレガシーになってしまうだろう。

本来なら、中古品として売っぱらってしまうのがいい。けれど、BTO品のかなしさで、これをセコハンショップにもっていっても(あるいはオークションに出しても)、ろくな値段はつかないはずだ。当面は予備としておいておくほうがメリットがある程度の値段にしかならないだろう。

だれか、活用してくれる人がいれば譲ったっていいと思う。けれど、Windowsも入っていないUbuntuマシンを欲しがる人はいないだろうな。悔しいけれど。
posted by 松本 at 19:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

Ubuntu使いの余得 - 古めのWindows XPでタッチパッドの改善

私はタッチパッド派だ。ノートパソコンをタッチパッドで使う。もともとはノート型でもマウスを使っていたし、いまでもマウスのほうが使いやすいなあと思うことは多い。けれど、いつの頃からかマウスを使うのをやめてしまった。その理由のひとつは、日ごろマウスを使っていると、モバイルで急にタッチパッドになったときにとまどってしまうからだ。もちろんマウスのひとつぐらい持ち歩けばいいのだけれど、たとえば膝の上ではマウスは使えない。どんな狭い所でもとりあえず蓋を開くことさえできれば使えるのがノート型の強みなのに、その強みが十分に活かせない。それなら日頃からタッチパッドに慣れておくほうがいいだろう。
もうひとつの理由は、そちらのほうが大きいのだけれど、ちょっと情けなくもある。私はどうも机の上をきれいに片付けるのが上手ではない。特に、事務仕事で資料やら紙やらを机の上に広げなければならないときには、困る。そんな広くない机の上で、マウスを自由に使えるだけの空間を確保するのはむずかしい。マウスを操作する空間があるのなら、そこに必要な書類を広げたい。
ということで、タッチパッドは机の上の占有空間をセーブする意味もあって使っている。

だから、タッチパッドの設定には、それなりにこだわる。たとえばタッピングはオフにする方が正確な操作ができるし、もちろんキー入力中はタッチパッドの操作を無効にする方がいい。そして、右コーナーの縦スクロールは必須だ。タッチパッドにはマウスのホイールがないのだから、これがないと画面の縦送りにいちいちポインタを動かさなければならなくなって、スムーズな操作が妨げられる。

先日Ubuntu(というかLXDE環境のUbuntu)をインストールしたマシンは、ネイティブではWindows XPだ。WordやExcelの微妙なレイアウトの互換性の必要があるから、ときにはこのXPに戻ってファイルを操作する。そして、その際に縦スクロールが効かないのに気がついた。これは困る。

こういうときには、ドライバをアップデートすればいい。SynapticsのドライバでOKだったはずと記憶をたどって、インストールした。その後、コントロールパネルのマウスの設定からさらに奥にあるドライバ設定のプロパティで縦スクロールを有効にすると、再起動後にちゃんと動作するようになった。

こういうのは、特別なTipsでもないのかもしれない。けれど、もしも私がUbuntu使いでなかったら、縦スクロールができないマシンを与えられたときに、「こんな古い機械ではやっぱり縦スクロールはできないんだなあ」と思って終わってしまっただろう。ところが、Ubuntuなら同じマシンで縦スクロールができる。ということは、ハードウェア的には全く問題ないということだ。XPでできないのはソフトウェア的な問題であって、それは適切な対処方法で改善する。Ubuntuを使っているからこそそれに気づくことができた。

これは、Ubuntuを使っている余得だなあと思う。ひとつのOSにしばられないことで、いろんな可能性が見えてくる。ありがたいことだ。
posted by 松本 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

LXDEは進化していた

ここのところ出先のパソコンを使うことが多いのだけれど、先方が特にこだわらないので可能なかぎりUbuntuを使っている。たしかにWordファイルの互換性とか微妙なところも多いが、Ubuntuの方が仕事が捗るのだから仕方ない。その仕事現場が一時的に変更になって、使うパソコンも別のものになった。こっちにもUbuntuを入れたのだけれど、このマシン、かなりスペックが低い。特に、このご時世にメモリが512メガ(ビデオRAM共有なので実際にはもう少し低い)しかないのはやりきれない。

こういうときには、以前からの常套手段であるデスクトップ環境の変更という手段でしのぐしかない。この方法、最初にUbuntuを使いはじめたときにJWMを使うことで効果を実感した。GUIまわりのデスクトップ環境は最も基本的な常駐ソフトであるわけだから、これを軽量なことにする意味は、低スペックマシンでは大きい(逆にメモリが十分にあるマシンでは、ほとんど意味はない)。削減できるメモリ量は100Mとかせいぜい200Mとか程度なので、現行のUbuntuであれば(使い方にもよるが)、1Gもメモリがあれば特に必要はない軽量化だ。だが、512MBしかない場合、100MBのメモリ使用量を削ることは十分過ぎるほどの意味がある。

軽量デスクトップ環境として以前に愛用していたのは、OpenBox + Xfceパネルという変則環境だ。XubuntuとしてUbuntuの軽量版が出ていることからわかるように、Xfce4は、たしかに元のUbuntuのデスクトップ環境であったGnomeや現在のUnityよりは軽量だ。だが、その軽量さというのは、実際にシステムモニタで調べてみると、それほど大きなものではない。むしろ、Xfce4は、現在ではUnityのような野心的なUIを好まない人向けのデスクトップ環境と考えたほうがいい。実際、軽量版Ubuntuとしては、Lubuntuが公式にリリースされるようになっていて、そちらのほうが明らかに軽い。そして、Lubuntuのベースになっているデスクトップ環境LXDEは、Openboxというウィンドウマネージャが土台になっている。そして、このOpenboxはやたらと軽い。だから私は、Openbox + Xfceパネルという組み合わせを選んでいた。

これは明らかに変則的だ。そこまでやらなくても、LXDEを使えば十分じゃないかとも思う。実際、LXDEを使ってみたこともあった。けれど、LXDEのLXパネルはカスタマイズ性が限られていて、機能的に満足できなかった。加えて、PCManファイルマネージャも、機能不足に感じられた。機能が不足する場合には、Xfce4のファイルマネージャであるThunarを起動するしかない。それなら最初から、この部分はXfce4仕様にしておいたほうがいいということで、変則デスクトップ環境で使うようになった。

今回の低スペックマシンでも、同じような変則デスクトップ環境を構築しようかと考えた。けれど、以前にその環境を愛用していたころからもう2年近くたつ。その間にLXDEも進化したかもしれないと思って、素直にLXDEを使ってみた。基本的には、以前と変わらない。基本は変わらないけれど、小さな進化が積み重なって、非常に使い勝手が上がっている。これなら、変則的な環境をわざわざ構築する必要はない。このまま使っても、なんの不足もない。Unity以前の標準のUbuntuとほとんど変わらない使い勝手が達成されているといってもいい。

以前のLXDEを完全に把握していないので、どこがどう進化したのかを正確に言うことはできない。感覚的には、パネルのカスタマイズできる項目が増え、ファイルマネージャのネットワーク機能が改善されているように思うが、どうなのだろうか。相変わらず上手くいかないのはタッチパッドの設定だが、これは以前使ったことがあるGSynapticsの後継版であるgpointing-device-settingsというユーティリティがあったので、それを使うことにした。クリップボードマネージャは、Clipitがインストールするとそのままパネルの通知領域に表示されるようになるので便利だ。

この現場は1ヶ月ぐらいしかいない予定だが、その間はこれでしのぐことにしよう。
posted by 松本 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

ScribusでCMYK変換?

先日、チラシをつくる必要があり、まあそういうことならこれまで何度となくやってきているWebのオンデマンド印刷でやってしまおうと思った。データはInkscapeでつくり、関係先の校正を受けて、それはそれでけっこう時間もかかったけれど、ともかくも入稿すればいいところまでこぎつけた。そこで、安い業者を探してデータアップロードをしようと思ったのだけれど、その業者は、RGBデータを推奨していない。そりゃあもちろん印刷の常識としてはそうなのだけれど、あまり色に神経質になるデータでなければ、なに、RGBで突っ込んでしまってもそこは出力側の自動変換でそれほど悲惨なことにはならないのも経験でわかっている。Inkscapeのデータは基本的にはRGBだから、当初はそのままアップロードしてしまおうかとも思った。

ところが、この業者のFAQを詳しく読んでいると、PDF入稿の場合は必ずCMYKデータにしろと書いてある。他の形式に関しては「非推奨」程度なのに、PDFでは「必須」らしい。Inkscapeの場合はどうしたってPDFになるので、そこまで書かれたのでは強行するのに慎重にならざるを得ない。

ということで、以前にやった記憶をたよりに、ScribusでCMYKに変換をしようと考えた。ただ、以前の方法はすっかり忘れているので、新たに情報をゲットしようと「Scribus CMYK」で検索したら、自分のページがまず出てきたのには笑ってしまった。けれど、自分のやってることなんて信用はできない。二番目に出てきたこちら(scribus を利用してCMYK出力)の記述を参考にすることにした。

以前やった方法では、ひとつひとつの色を手作業でCMYKに変換した。けれど、そんなことをしなくても、ScribusのレイアウトデータからPDFへの出力時にCMYK変換が可能というのが上記の情報。そして、以前にはInkscpapeで作成したSVG形式のデータをScribusで開くと悲惨なことになった記憶があったけれど、今回は「ぼかし」のエフェクトをかけたところ以外は完全なかたちで読み込みができた。ぼかしのエフェクト部分だけを別途ビットマップで書き出しておいてそれをInkscapeで再レイアウトしてからScribusで開くと、SVGデータが全く問題なくScribusのデータとなる。これを、指定の方法で(といっても単純に出力時に「[色] - [出力の目的] ---> プリンタ」を選択するだけ)で、PDF化。そのデータを入稿した。

さて、本日そのチラシが刷り上がってきて、仕上がりはまずまずこんなもの。ただし、本当にPDFデータがCMYKに変換されていたのか、それとも実はRGBデータのままで出力側の自動変換がかかっただけなのか、それは確かめる術もない。

まあ、いつものように結果オーライということで、これでよしとするしかないのだろう。しかし、そろそろ印刷業者の入稿オプションにも、「制作したOS」の欄にMacとWinに加えてLinuxとかUbuntuとかいう文字がほしいものだと思う。ほんと。
posted by 松本 at 21:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

Ubuntu 12.10へのアップデート

ちょっと時間がとれなくてメインマシンはまだ12.04のままなのだけれど、仕事で出入りしている事務所のパソコンにこっそりインストールしたUbuntuにはデータもあまりはいっていないし、失敗しても大きな問題にはならないので、12.10のリリースを機にアップグレードすることにした。新規インストールは先日、別のネットブックにベータ2をインストールしているから、今度はアップグレード。こっちのほうが時間はかかるけれど、パーティションの設定その他のめんどうな手続きはない。

アップグレードには、アップデートマネージャを使う。まず通常にアップデートマネージャを起動して、アップデートを全て適用しておく。デフォルトだと、これで「このコンピュータのソフトウェアは最新です」と表示が出るだけだ。ここで、ウィンドウ左隅の「設定」ボタンを押し、「アップデート」のタブで最下部にある「Ubuntuの新バージョンの通知」をデフォルトの「長期サポート(LTS)版」から「すべての新バージョン」に変更する。そして「再チェック」ボタンを押すと、ウィンドウの上部に「Ubuntuの新しいリリース"12.10"が利用可能です」と案内が現れ、アップグレードボタンが押せるようになる。データを全てバックアップしておいて、いざアップグレード。アップグレードには、環境によっても異なるが、2時間近くかかるようだ。途中、いくつかのダイアログがあるので、完全放置ではなく、ときどき様子は見たほうがいい。

アップグレードはしたけれど、特に使い込んでいるわけでもないので、感想は特にない。とりあえず気づいたのはLibreOfficeの起動スプラッシュがWindows版のものと同じになったことぐらいかなあ。
posted by 松本 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

ubuntu 12.10 Quantal Quetzalのとりあえずの感想

しばらくUbuntu絡みのネタもないままに日が過ぎていたが(といってもUbuntuを使うのをやめたわけではなく、むしろ、あいかわらず以上に毎日使っているのだけれど)、ふと気がついたらもう間もなくアップグレードの時期になる。たまたま、仕事先でネットブックが転がっていたので、「これにUbuntuを入れたら都合がいいなあ」と思っていたこともあり、12.10 Quantalのベータ2をインストールしてみることにした。ネットブックなのでCDドライブがないから、USBディスクからの起動。これはあっさりとできたけれど、ただ、さすがにネットブックだけあって、時間のかかること。

さて、インストーラーからして、すこし感覚がちがう。これはひょっとしたら12.04のときもそうだったのかもしれないけれど、インストールに手間取りそうなハードディスクの構成になっている場合、はなからインストールができないようになっている。このネットブックはメインのドライブとデータ用のサブのドライブ、それにリカバリデータのはいったパーティションのほか、メーカーのリカバリソフトの収納されたパーティションがあって、それだけで4つのプライマリパーティションを使い尽くしている。だから、パーティションを切り直してUbuntu用のパーティションを新設するというUbuntuのインストーラーのデフォルト処理ができなくなっている。以前なら、これはパーティションの指定のところでWindowsを消去するオプションしか選べないという袋小路に陥って「うまくいかないなあ」と諦めることになっていたと思う。ところが、今回のインストールでは、「Windowsの一部としてUbuntuをインストールする」というオプションが加わり、そちらを選択すると再起動してWindowsが立ち上がるという仕様になっていた。つまり、パーティションを切るのを諦めてWubiでUbuntuをインストールしなさいということだ。これはこれで、親切かもしれない。

ただ、Wubiは使うつもりがなかったので、私はライブ起動状態でGpartedを立ち上げ、Windowsのデータ用のドライブ(Dドライブ)が割り当てられているパーティションを潰し、ここに拡張パーティションをつくった上で、その拡張パーティション内に論理パーティションを切って、あらためてWindows用のデータ領域とUbuntu用のパーティション、Swap用のパーティションを作成した。こうやっておいてから再度インストーラーを走らせ、手動でインストール先を指定すると、ハードディスクにうまくインストールできる。

もうひとつ、小さな改良で嬉しかったのは、Grub2の設定だ。Grubには、起動可能なオプションが上から順番に並ぶことになる。ほかの人も使うパソコンなのでデフォルトをWindowsにしておく必要があるのだが、これはGrubのデフォルトファイルを変更することでかんたんに可能になる。ところが、カーネルアップデートが入ると、この指定してある順番が狂う。これも12.04からは古いカーネルをまとめてくれるようになったので1回だけアップデートがあったらそのあとは狂うことがなくなったのだけれど、逆にいえば1回は狂うことになっていた。それが、(まだ確認はできていないが)どうやら今回の12.10では、Ubuntuの起動のデフォルト以外の全てオプションを1つにまとめてくれているようだ。こうなると、Windowsを起動させる順番の指定は、カーネルアップデートでも狂うことがない。これは嬉しい。

あと、インストール時にユーザーのアイコンを指定するよう促されるようになった。これはWindowsやMacと同じ仕様だ。「そこまでWindowsのマネをしなくても」と思わなくもないが、実際のところこれは視覚的にわかりやすい工夫なので、やっぱりそうあるべきなのだろう。ただ、いきなり内蔵のWebカメラで顔写真を撮られかけたのには、ちょっとまいったけれど。

まだアプリその他を使っていないのであくまでインストールまわりの印象だけだけれど、12.10になってもますます洗練されてきているようだ。こうなってくると、以前のようにこっちが唖然とするような破天荒なバージョンが懐かしくなったりもする。まあ、ここまできてしまっては、そういうわけにもいかないだろうけれど。むかしは「x.10系は荒れる」なんてパターンもあったよなあ…

posted by 松本 at 21:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

IIJの高速モバイル/Dで追加クーポンを買ってみた

数日前「イオンSIMからIIJ-SIMへ」という記事でIIJの高速モバイル/Dのミニマムスタート128プランを使いはじめたことを書いた。このプラン、128kbpsと非常に低速なのだけれど、同じように低速の日本通信のイオン限定SIMよりはレスポンスがいい。そして、1枚500円のクーポンをチャージすることで「下り最大75Mbps、上り最大25Mbps」に100M単位でスピードアップすることができる。数日IIJのSIMを使ってみて、履歴を見ると、だいたい1日の使用量が10Mぐらいになっている。これはこれでいいのだけれど、先週の土曜日、そうしょっちゅうはない出張がはいったのを機会に、一度、クーポンを買ってみようと思った。500円払ってもネットに繋ぎたいときはある。そういう感覚だ。
チャージはマイページからワンクリックで可能。即利用可能になるけれど、こうなると通信費がもったいない気がして自宅にいる間は自宅LANの無線につないでおいた。そして出張。あたりまえの話だけれど、普通につながる。テザリングでパソコンを使ってみると、普通に自宅や仕事先で無線LANを使っているのとまったく感覚的には変わらない。あまりにあたりまえすぎて書くネタに困るほど。ちなみに、使ったパソコンはもちろんUbunut。Ubuntuだからといってなにが変わるわけでもないのは、やっぱり書くまでもないあたり前のことだ。

ひとつ気づいたのは、チャージをして接続速度を早くしても、モバイルIPフォンの「一拍遅れる感じ」は改善しないことだ。イオンSIMからIIJのSIMに変えたときには明らかにタイムラグが減少したけれど、同じIIJでは回線スピードがアップしても変わらない。ここまでくると回線スピードの問題ではなくIPフォン独特の問題、もしくはIDEOS自体のハードウェアのショボさが原因なのだろう。

出張先で使うからとチャージしたわけで、この日の通信量は通常の10M程度よりも多く、16Mぐらいあった。けれど、出先でちょっとネットで検索する程度でこのぐらいなわけだから、特にハードな使い方をするのでなければ1回のチャージで数日はもつだろう。平常時であれば10日程度は使えそうだ。1ヶ月なら1500円。基本料と合わせて2500円だから、まあ安い部類かもしれない。実際にはたまにチャージするぐらいで実用上は十分かもしれない。

割といいプランのような気がしてきた。
posted by 松本 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする