2016年05月15日

久々にXfceを使ってみた

16.04 Xenial Xerusにアップグレードしてから非常に快調に使っているのだけれど、ちょっと初期のバグらしいものに遭遇している。ひとつは無線LANのデバイスの認識がちょっとおかしくなっているらしいこと。起動したときはいいのだけれど、スリープして復帰するとなぜか有線で接続されている表示になっている。もちろんこれは表示だけのことで実際にはWifiに接続しているから実用上の問題はないのだけれど、接続を別のWifiに切り替えようと思っても操作ができないし、何らかの理由で接続が切れてしまったときに再接続ができない。これは少し不便だ。
そしてもうひとつ、やっぱりスリープ絡みのことなのだけれど、ごく稀に、スリープから復帰したときにデスクトップの文字が消える。全部消えるのではなく、歯抜けのように消える。ときには全部消えてしまう。おそらくフォントが読み込めていないのだが、その理由がわからない。一旦ログアウトして再ログインすれば元に戻るし、表示されないフォントがあっても操作ができないわけではないのでかまわないといえばかまわないのだけれど、やっぱり不便だ。

どうもこれはCompizのバグではないかという気がする。そういえば、以前にもごく稀に起こったワークスペースを混同してしまうエラーが、アップグレード後には以前よりも起こりやすくなっている。どうも新しいCompizにバグがあるのではないかという気がする。
だとしたら、Compizを使わないデスクトップ環境にすればいい。軽快なのはLXDEだとわかっているが、LXDEはきっちりとカスタマイズしてはじめて実力を発揮する。安直に使うならXfceでしょうと、Xfce4を導入した。
久しぶりだが、ほとんど見た目は変わっていない。ということは開発も止まっているのかもしれないが、巷でWindowsは7がいちばん使いやすいと言われているのと同じで、UIとしてはこれで十分なのだろう。パネルの設定を工夫すれば、Unityとあまり変わらない運用ができる。

環境を変更してとまどったのは、インプットメソッドのMozcが無効になってしまっていたこと。これは、ibus-settingを起動して改めて設定してやる必要があった。日常的に使うアプリのランチャーへの登録は手動でやらなければならないが、まあそのぐらいはご愛嬌。マウス(タッチパッド)、キーボードの設定などを自分好みにカスタマイズして、ほぼこれでOKかなというところまで、数十分の設定だった。

UnityでCompizを切る方法もあるのだろうが、Xfceで十分かなという気もする。何もアプリを使っていないときのメモリ占有量が半分くらいになったし、ワークスペースの移動も視覚効果がないぶん、素早くできる。しばらくこれでやってみようと思う。
posted by 松本 at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック