2013年04月17日

数学の問題作成にStixフォント

数日前、子ども向けの数学の問題をつくろうと思った。中学生の数学で、xとかyの文字が出てくる。こういう変数は伝統的にイタリック体で表すことになっている。ただし、数学の教科書に出てくるイタリック体は、一般の欧文書体のイタリック体に比べてやや特殊だ。なかなかぴったりくるフォントがない。

それなら適切なフォントをダウンロードすればよかろうと、数式用のフォントで検索をかけると、Stixというオープンなプロジェクトのフォントがあることがわかった。公式サイトから入手ドできるようなので、早速ダウンロードした。そして、この圧縮ファイルを解凍してフォントフォルダに突っ込んでやったが、なにも起こらない。

よくよく見てみたら、どうやらフォントファイルの形式がUbuntuで扱えるものとはちがっている。とはいえフォントデータそのものはあるわけだから、なにか適切なプログラムで変換できるだろうと見当をつけた。ローカルで使うだけなら、それで問題はないはず。

けれど、フォント作成・変換のツールを探し始める前に気がついた。データの形式がちがうために壁にぶち当たったユーザーは私だけではないはずだ。オープンソースの強みは、その私以前の誰かをあてにできることだ。ずっと以前に誰かがこのStixフォントのデータをUbuntuで扱える形式、たとえばOTFに変換してくれているかもしれない。

そこでまずは手はじめにとリポジトリ内を検索してみたら、あっさりとotf-stixというプログラムが見つかった。これをインストールすることで、あっさりと問題解決。

このStixフォント、イタリック体の形式がいいだけでなく、組版で頭を悩ませるもととなる二倍カッコ、三倍カッコなどにも対応している。分数の組みはそのままでは対応していないようだが、カッコや積分記号などは不細工にそこだけフォントサイズを変えるというのではなく、そのまま書体だけ指定すればうまくいってしまう。これはなかなかいいかもしれない。
posted by 松本 at 08:24| Comment(2) | TrackBack(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Ubuntuソフトウェアセンターにfonts-stixを見つけました。
ちなみに12.04LTSを使用しております。
Posted by at 2014年06月19日 18:39
コメントありがとうございます。私自身がUbuntuを使い始めたころ、「リポジトリにあります」という意味(本文中に「リポジトリ内...見つかった」と書きました)がわからず「何を専門的なことを行ってるんだ?」と思っていたことを思いだしました。
「リポジトリにある」=「ソフトウェアセンターからインストールできる」
ということです。わかりにくい書き方をしてしまい、すみません。

古い標準であるSynaptic package managerに慣れてしまった私はソフトウェアセンターがどうにも馴染めず、そういう意味でも「ソフトウェアセンターからインストールできる」と書きづらくなっているのも要因なのですが....
Posted by 松本 at 2014年06月20日 06:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/355796723
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック