2013年03月31日

なんちゃってAndroidアプリの開発 - その2

前回少しもったいをつけすぎたかもしれない。端的にいえば、jsWaffleというツールを使えば、HTMLで書いた文書をAndroidのアプリにすることができる。それだけの話だ。だが、せっかくもったいをつけたのだから、私がそこにたどり着くまでの経緯を書いておこう。

Webサービスを使って.apkファイルの作成をする中で、「これって単純にHTMLで書いた文書を埋め込んでいるだけじゃない。だったら、そのぐらいのことはこのWebサービスでなくったってできるかもしれない」と気づいた私は、早速Googleに聞いてみた。検索キーワードはAndroid、HTML5、アプリ作成、そのぐらいだったと思う。その結果、すぐに出てきたのがこのスライドだった。

http://www.slideshare.net/kujirahand/html5javascriptandroidseminar

このスライドは非常にわかりやすく、Androidアプリ開発の中でのHTML5の立ち位置を示してくれていた。なるほど、「なんちゃってアプリ」程度ならHTMLでごまかすのがいちばん簡単そうだと、改めて自分のカンが当たっていたのを確認した。そして、そのためのツールとして、jsWaffleやPhonegapといった選択肢があることもわかった。

さて、となると、その線で一歩を進めたい。調べてみるとPhonegapの方が世界的にはユーザーが多そうで、その分だけ情報も多そうだ。けれど、jsWaffleは、上記のスライドの作者が開発者ということもあって、このスライドをそのまま追っかけていけば片付いてしまいそうだという手軽さがある。なによりもまず、ツールがUbuntuで動かなければならない。

さらに調べてみると、基本的に開発環境はクロスプラットフォームなことがわかった。だったら書かれている手順通りにいけばいい。

スライドには、Aptana Studio2を最初に用意するように書いてあるが、これはEclipseでも可能とのことで、それならとリポジトリからEclipseをインストールしかけたが、さらに調べてみるとその次に書いてあるAndroid SDK Tool(ADTプラグイン付き)というのをダウンロードするとオマケで最新のEclipseがくっついてくることがわかった。だから結局、下準備としてはAndroid SDK Tool(ADTプラグイン付き)をダウンロードするだけ。そのままバイナリで配布されてくるので、インストールの手間さえない。

次にjsWaffleのインストール。これは公式ページから。むしろこっちのほうが厄介で、というのは、これにはAdobe AIRで動くからだ。本来はjsWaffleのインストールでAdobe AIRが自動でインストールされる手はずなのに、Linux版のAdobe Airがサポート外になってしまっているため、ここが通らない。結局手動で非サポートのAdobe Airをインストールし、その上にやはり手動でjsWaffleをインストールすることになる。たぶんここがいちばん手間がかかった。

インストールが済んでしまえば、あとは公式ページやスライドにあるインストラクション通りに進めるだけ。そして、たしかに/asset/www内にあるindex.htmlを書き換えるだけで、あっさりと「なんちゃってアプリ」ができてしまった。

一瞬まよったのは、「じゃあどうやってコンパイルするんだ?」ということ。これは心配無用、自動でbinフォルダ内に.apkファイルができている。これを実機にインストールするだけ。なお、私の使っていたパソコンは非常に非力なので、デモ環境でテストするよりも実機でテストする方が早いという情けない実情だった。

このあと、アイコンの変更やら何やらと追加の作業はあるのだけれど、基本的にはこれだけでアプリができてしまう。jsWaffle恐るべしだ。

posted by 松本 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/353425035
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック