2012年11月24日

AndroidのVirtual RecorderのデータをAudacityで取り込む

最近では新古品のAndroidスマホがけっこう出回っているようなのでそうもいえないのだけれど、一時はおそらく最安レベルで手に入れられるスマートフォンだったIDEOSを使っている。さすがに安物だけあっていろいろと「使えないなあ」というところもあるのだけれど、同時にこのレベルの製品としてもけっこう役に立つところは多く、それなりに愛用している。たとえばGoogleのナビは、カーナビ代用としてそこそこに役に立つ。特にSIMカードを日本通信のイオンSIMからIIJの高速モバイルDに変更してからは、それなりにきちんと反応してくれるので、かつかつ実用レベルと言えるだろう。そのほか日常的に使っているのはメールと電話、Twitterクライアント、YouTubeぐらい。これらの機能に関しても、実用レベルと使えないレベルの境界線には近いのだけれど(特に電話はタイムラグがひどいのだけれど)、無理やり使っている感じ。それらに比べてもっといい感じで役に立っているのは、録音機としての機能だ。これは、Virtual Recorderというアプリを使っている。最初これを入れたときには、音楽の録音に使おうと思っていた。たとえばギターの弾き語りを簡単に録音しようと思ったら、昔ならラジカセを使ったが、いまならパソコンの内蔵マイクが使える。ところが、パソコンの内蔵マイクは、機器の性質上、どうしても雑音を拾う。いくら静音仕様のパソコンだと言っても、やっぱり動作音はするし、特に電磁的な雑音はどうしても消すことができない。けれど、スマホであれば、回路が小さいせいか、もともと携帯電話としての音響面での動作が重視されているせいか、機器由来の雑音が小さい。それに気がついたので、こっちで録音しようと思った。けれど、そんな遊びをしている時間もあまりなく、実際にはあまり使わないでいた。

それが、この秋になって、会議で記録をとる必要が何度か発生するようになった。急なことでデジタルレコーダーも用意できないときにこのVirtual Recorderを走らせてみると、けっこうよく音を拾ってくれる。なかなか使える。ひょっとしたら、アプリのなかでいちばん実用的かも知れない。

ただ、この録音ファイルをパソコンで聞こうと思っても、Ubuntuの動画プレーヤーであるTotemでも、より使いでのあるVlcでも再生できない。ファイルの拡張子が.pcmとなっているが、これはPCM音源であることを表していても、それ以上のものではないようだ。たとえば拡張子をWavなど他のPCM形式のものに変更しても再生はできない。

こういうときに、Audacityは無敵だ。Audacityでも直接開くことはできないが、いったん起動しておいて、メニューバーの「ファイル」から「取り込み」の「ロー(Raw)データの取り込み」とやれば、再生可能なデータとして取り込むことができる。ただ、このとき、おそらくサンプリングレートの設定が異なるのだと思うが、倍速での再生になってしまう。取り込み時にきちんと設定すればいいのかもしれないが、ここは取り込んだあとでも「エフェクト」の「スピードの変更」から修正すれば問題ない。

Audacityで開いたついでに、スピードの修正後、クリックノイズの除去や音声の平滑化、正規化、聴きやすい大きさまでの増幅などの処理をおこなっておいて、MP3に書きだせばいい。なお、MP3の書き出しのためには以前には追加のコーデックスをインストールする必要があったとおもうのだけれど、最近のUbuntuではシステムのインストール時に追加のコーデックスをインストールするチェックを入れているせいか、この手順は不要だった。

音声を取り込んだのはいいのだけれど、ここからテープ起こしとなると、あいかわらずアナログな作業にならざるを得ない。そういう必要がない仕事だったからいいのだけれど。
posted by 松本 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック