2012年11月05日

Ubuntu使いの余得 - 古めのWindows XPでタッチパッドの改善

私はタッチパッド派だ。ノートパソコンをタッチパッドで使う。もともとはノート型でもマウスを使っていたし、いまでもマウスのほうが使いやすいなあと思うことは多い。けれど、いつの頃からかマウスを使うのをやめてしまった。その理由のひとつは、日ごろマウスを使っていると、モバイルで急にタッチパッドになったときにとまどってしまうからだ。もちろんマウスのひとつぐらい持ち歩けばいいのだけれど、たとえば膝の上ではマウスは使えない。どんな狭い所でもとりあえず蓋を開くことさえできれば使えるのがノート型の強みなのに、その強みが十分に活かせない。それなら日頃からタッチパッドに慣れておくほうがいいだろう。
もうひとつの理由は、そちらのほうが大きいのだけれど、ちょっと情けなくもある。私はどうも机の上をきれいに片付けるのが上手ではない。特に、事務仕事で資料やら紙やらを机の上に広げなければならないときには、困る。そんな広くない机の上で、マウスを自由に使えるだけの空間を確保するのはむずかしい。マウスを操作する空間があるのなら、そこに必要な書類を広げたい。
ということで、タッチパッドは机の上の占有空間をセーブする意味もあって使っている。

だから、タッチパッドの設定には、それなりにこだわる。たとえばタッピングはオフにする方が正確な操作ができるし、もちろんキー入力中はタッチパッドの操作を無効にする方がいい。そして、右コーナーの縦スクロールは必須だ。タッチパッドにはマウスのホイールがないのだから、これがないと画面の縦送りにいちいちポインタを動かさなければならなくなって、スムーズな操作が妨げられる。

先日Ubuntu(というかLXDE環境のUbuntu)をインストールしたマシンは、ネイティブではWindows XPだ。WordやExcelの微妙なレイアウトの互換性の必要があるから、ときにはこのXPに戻ってファイルを操作する。そして、その際に縦スクロールが効かないのに気がついた。これは困る。

こういうときには、ドライバをアップデートすればいい。SynapticsのドライバでOKだったはずと記憶をたどって、インストールした。その後、コントロールパネルのマウスの設定からさらに奥にあるドライバ設定のプロパティで縦スクロールを有効にすると、再起動後にちゃんと動作するようになった。

こういうのは、特別なTipsでもないのかもしれない。けれど、もしも私がUbuntu使いでなかったら、縦スクロールができないマシンを与えられたときに、「こんな古い機械ではやっぱり縦スクロールはできないんだなあ」と思って終わってしまっただろう。ところが、Ubuntuなら同じマシンで縦スクロールができる。ということは、ハードウェア的には全く問題ないということだ。XPでできないのはソフトウェア的な問題であって、それは適切な対処方法で改善する。Ubuntuを使っているからこそそれに気づくことができた。

これは、Ubuntuを使っている余得だなあと思う。ひとつのOSにしばられないことで、いろんな可能性が見えてくる。ありがたいことだ。
posted by 松本 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/300457512
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック