2012年06月02日

やっぱりWubiは遅い?

前回のエントリ(そういえばUnityはCompizだった)で、古いXPマシンにWubiでインストールしたUbuntuがどうにも遅いという話を書いた。どうも3Dアクセラレーションが効いていないようなのでXfceで使ってみようと思っていたのだけれど、処理速度だけではない問題も出てきた。具体的にはいくつかのパッケージがインストールできない。Google Chromeやプリンタドラバが依存関係ではねられる。エラーメッセージを見る限り依存関係はクリアしているはずなのに、「キャッシュが壊れています」みたいなエラーで進まない。再インストールとかやってみても同じ。

そうこうするうちに、Wubiの仮想ハードディスクの容量が足りなくなってきた。これは最初にインストールしたときの見通しが甘かったわけでいってみれば自分のせいなのだけれど、どうにか対処しなければならない。調べるといくつかの方法があるようだが、確実な方法でやるならインストールCDが必要になるようだ。そこまでやるんだったら実機にインストールしてしまえと、ハードディスクを整理して空きスペースをつくり、インストールした。

すると、驚いたことにUnityがちゃんと動く。XPと比べても遜色ない軽快さだから、モダンなOSとしてこれは素晴らしいのではないだろうか。そして問題だったChromeやプリンタドライバのインストールもうまくいく。結局、マシンの問題ではなく、Wubiの問題だったようだ。

以前にも何度かWubiは使ったことがあるけれど、実機とそれほどの差が出た経験はなかった。機械の相性なのかバージョンの問題なのか、こういうことがあるんだなあと、改めて実感したことだった。
posted by 松本 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック