2011年11月07日

LibreOffice(OpenOffice)のDrawで簡易DTP

LinuxでレイアウトソフトといえばScribusにトドメをさすのだけれど、あいにくなことにScribusは日本語対応が完全ではない。それでも以前に比べたらだいぶとマシになってきていて、カーニングに目をつぶり、禁則処理を手動でするという面倒なことさえがまんすれば、ルビをふらない横書き日本語文書ならレイアウトできるようになっている。

けれど、日本語DTPでは縦書き文書だって出てくる。ということで本格的な日本語DTPはLinuxではうまくいかない。それでも、簡易な間に合わせなら、OpenOffice、あるいはほぼ同等のLibreOfficeでレイアウトから出力までごまかすことができる。要はPDFを出せばいいわけだ。そしてOpenOfficeは一応は日本語対応が整っている。細かいことをいうならルビの設定が使えないのだけれど、それ以外は縦書き文書でもなんとかなるし、まあひと通りのことはできる。ただし、あくまで簡易DTPであるのは、たとえばトンボの出力とか版面外への画像配置とかCMYKの処理とか、印刷に必要な機能がないからだ。どうしてもそこまでやりたければ画像的に無理にできなくもないだろうが、そこまで無理するならInkscapeで1ページずつつくるほうがマシかもしれない。

ともかくも、これまで私は何冊もの本をOpenOfficeでレイアウトしてきた。冊子づくりが私の主なDTPの目的なので、そういうことになる。ちなみにペラものだったらInkscapeの方がいいとは思う。文字が延々と続く冊子ものの場合、OpenOffice、最近のUbuntuならLibreOfficeのWriterでレイアウトするのが最も簡単だ。

ところがあちこち見ていると、同じOpenOffice(LibreOffice)でもDrawをレイアウトソフトとして勧めている記事に出くわすことがある。そこで以前もちょっと試してみたのだけれど、テキストボックスの連結ができないので使いものにならなかった。文字屋である私にとって、テキストを複数ページに一気に流し込めないようでは実用的ではない。

ところが今回、図版を主体にしてその間に縦書きテキストが混在する冊子をつくることになった。最初はInkscapeで1ページずつつくってPDFを合体させようかと思ったが、それはそれで面倒だ。60ページのPDFを1つずつつくる手間は、ちょっと想像するだけで気が遠くなる。そこで、久々にDrawを試してみようと思った。

やってみると、これがうまくいく。Writerだと読み込んだグラフィックの配置がかなり面倒なのだけれど、Drawだとかなり融通がきく。それだけでもWriterより使いでがある。ヘッダ・フッタが入れられないのだけれど、私がこれを使うのはノンブルとハシラだけのことで、これらはテキストボックスとして配置して各ページに複製することで難なく処理できる。ノンブルに関してはページ番号の自動入力を挿入することは普通のテキストボックスでも可能なので、それを使えばOK。

ただ、グラフィックが重いので、10ページずつぐらいの文書に分ける必要があった。処理能力の高いマシンなら、その必要もないだろう。最終的に各パーツをPDFで出力しておいて、PDF Shufflerで合わせて完了。

縦書きで開きが違うので、さらに最後のPDFからページ逆順で印刷用のPDFを出力しておく必要があった。これは60, 59, 58, ..., 2, 1という数列を印刷ダイアログの「ファイルに出力」に入力してOK。この逆向き数列は、同じLibreOfficeのCalcで一瞬でつくれる。

Drawはダメだと思っていたけど、適材適所、用途によってはずいぶん使い勝手があると再認識した。
posted by 松本 at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック