2011年06月14日

Vistaって、Vistaって…

ちょっと思うところがあって仮想環境にWindows Vistaを構築しようと思った。本体にプリインストールされていたOSを消してUbuntuを入れ、そのUbuntu上にもともとプリインストールされていたOSを入れて使うのは、ライセンス的にはどうなのかよくわからない。本来のマシンで本来のOSを使うという意味では何の問題もないように思う一方で、ハードウェア構成は完全に変わっているわけで、アウトのような気もする。ライセンス的な意味だけでなく、多くのプリインストールマシンがリカバリー用のメディアをディスクイメージで提供している関係上、技術的にできないことになっている。ただ、Dellその他の一部のメーカーではちゃんとしたインストールディスクを添付してくれているので、やろうと思えばOSを仮想環境に移すことはできる。

ということで、使っていないもともとのVistaを仮想環境にインストールしようと思った。Ubuntuだと、新規インストールに最低でも4GBの空きディスクは必要になる。XPの場合6Gぐらいないとうまく動かない。Vistaだから余裕をもって10GBの仮想イメージを作成し、インストール。ずいぶんと長時間はかかったけれど、大きな問題もなくインストール完了。この時点で、ディスクは6GBぐらい消費されている。10Gにしたのは正解だったなあと思った。さて、Windowsはここからが長い。アップデートで再起動の嵐になる。もうこのあたりは何度も経験済みなので、さして驚かない。

で、最初のアップデートが終了し、再起動したら、何故か処理が途中で止まる。おかしいなあと思っていたら、「構成に失敗しました」というようなメッセージ。指示に従って再起動すると、どうも表示がおかしい。

いったいどうしたことかと思ったら、なんとディスク容量がほとんど残っていない。ついさっきまで4GBも余っていたのに。

どうやらこれは、Vistaに備えられたバックアップ用のファイルがディスクを消費しているようだ。クリーンインストール直後に公式のアップデートを導入しただけだから何もわざわざ復元ポイントなんかつくってくれなくてもいいのに、どうやらそういうことをやらかして、そしてディスク容量を消費したらしい。

たかがOSひとつ、何のアプリケーションも導入しないで10GBも占領してまだ足りないというのかと、この時点で呆れかえってしまった。いや、Vistaがなければ困るわけでもないので、もうこの時点で修復は諦めた。そりゃ、方法はあるんだろうと思うけれど、これじゃああんまりだ。

まあ、世の中テラバイト時代なんで、10ギガやそこらで文句を言う方がおかしいんだろうなとは思う。こうやって化石はできていく…
posted by 松本 at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック