前の記事 TOP 次の記事

2007年02月25日

終わりそうで終わらないMacintoshでUbuntu

Ubuntuの次期バージョンはFeisty Fawnと呼ばれることになるようだが、このリリース予定は4月19日、β版のリリース予定は3月22日である。なぜこんなことをチェックしているのかというと、入手が遅れているPC機のスタートは、同じことなら最新のバージョンでと思っているからだ。β版のOSを仕事で使う機械に入れるのは恐いことでもあるが、これまでのUbuntuの使用感からくる信頼が、その気にさせてくれる。この日程を公式サイトで見ていて気がついたのだが、現在リリースされているα版には、ちゃんとPPC版がX86版やAMD64版と並んでアップされている。公式サポートからはずれたというニュースはあったけれど、なんだ、これまでと同じじゃないか。公式のに文字は消えても、今後もある程度のサポートは続くのだろう。終わりそうで終わらないPPCへのUbuntu対応である。同様に、このブログも、何度も「もうじき終わる」と書きながら、いっこうに終わらない。単純にPC機の入手が遅れているからなのだが、ハードウェアの変更を当て込んで用意した新しいブログに書くことがなくて困っている。一般論でゴタクを陳べたって、誰も面白いとは思ってくれない。やっぱり実体験でないと説得力がない。困ったことだ。そして、たぶんあと半月から1ヶ月、この古いiBookをまだ使いつづけなければならないから、それなりに手を加えなければならなくなってくる。例えば、数日前、以前の6.10へのアップグレード時にあえてインストールしなかった検索のBeagleを改めていんストールした。やっぱり、ないと不便だから。こんなふうに、使いつづけると、それなりに動きが出てくるのがパソコンの宿命だろう。なんだか締まらない話だが、そういうことでこのブログ、もう少し続く。本題が終わったら、別テーマに模様替えして使いつづけるかもしれないが、それはまだ未定。ブログって、あんまり好きなスタイルじゃないから。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

posted by 松本 at 00:00 | MacintoshでUbuntu

前の記事 TOP 次の記事




Powered by Seesaa