2007年04月21日

街角のUbuntu

他人のネタなので気が引けるのだが、こちらの記事が非常に面白かったので、要旨だけ報告。ワシントン州レドモンドの街角のスターバックスに入ったら、客が店長にUbuntuのアップグレードに関する質問をしていたというもの。そのくらいUbuntuが一般化しつつあるらしい。著者は、「映画の小物でUbuntuパソコンが出てくる日も近い?」みたいなことを書いているが、そういえばMacintoshはよく主人公の机の上に載っているなあ。この記事のコメントがまた素晴らしい。10年後のリリースは、Warty Warthogか?(前がDでいまがF、次がGだし)。
posted by 松本 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | MacintoshでUbuntu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

Dは前の前で(6.06:Dapper)、前がE(6.10:Edgy)で今がFですよね。(2007/04/21 22:48:11)

AUTHOR: 松本
EMAIL:
IP:
URL:
DATE: 08/01/2007 00:00:00

nkenkouさん、ありがとうございます。寝ぼけてたみたいですね。ちなみに、Dapperの前って、何でしたっけ。Cではじまるのではなかったような気がするんですが。(2007/04/22 08:42:47)

AUTHOR: マネージャ1号さん
EMAIL:
IP:
URL:
DATE: 08/01/2007 00:00:00

スタバでそんな会話がされているなんて、面白いですね。しかも店長とお客さんというところが素敵です!Feisty Fawnへのアップグレードを機に、デスクトップテーマを一新してみたのですが、心理的効果も手伝ってか安定しつつもサクサク動くように感じます。Ubuntuのお陰で、もう買い替えようかと思っていたマシンの寿命が延びました。
とてもエコなOSですね。(2007/04/22 21:40:19)

AUTHOR: 松本
EMAIL:
IP:
URL:
DATE: 08/01/2007 00:00:00

で、最初のリリースがなんだったかなと思ったら、なんとそれが「Warty Warthog」でした。原文記事(コメント)の文脈を読み違ったみたいです。斜めに読んだだけで書いたら大失敗。すみません。ちなみにその次がHでその次がB、このあたりまではアルファベット順でもないので、ここしばらくアルファベット順になっているのは偶然(あるいは大阪弁でいう「いちびり」)なんでしょうね。(2007/04/23 09:55:58)
Posted by nkenkouさん at 2007年08月01日 00:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック