2007年04月18日

インターネットラジオは大丈夫? ─その2

とりあえずMacintoshともUbuntuとも関係ないのだが、先日インターネットラジオのことを書いたので、その続き。インターネットラジオの著作権料を値上げしようという動きは合衆国で思ったよりも急速にすすんでいるようで、5月にも値上げへの手続きが始まるということ。これに反対する業界団体(http://www.savenetradio.org/)も設立されているようだが、当局は冷淡。値上げは必至の状況らしい。元ネタはこのあたり。現実にどういうことが起こるのかはよくわからないが、少なくとも合衆国法の適用される範囲内からは、ネットラジオの発信が激減することになるんだろうな。ちなみに上記のサイトには、ミュージシャンからの「著作権値上げはアーティスト保護に逆効果だ」というメッセージが掲載されている。たぶんその通りなんだろうな。ラジオとは関係ないけれど、著作権強化の動き(世界的にも国内的にも)はどうも胡散臭いので、このあたりの署名もしておくことにした。結局は、誰の金儲けのためなんだ?
posted by 松本 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MacintoshでUbuntu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック