2007年04月06日

nautilusの活用

コマンドを打ち込みたくないというグチをこぼしていたら、One_Pointさんをはじめとしてあちこちから「スクリプトを書いたら?」という知恵を頂いた。けれど、(たぶんプログラムを書く人にはスクリプトなんて簡単なのだろうが)、私にはどうもこのスクリプトというものがよくわからない。MS WordやOpenOfficeについているマクロはスクリプトみたいなもんかもしれない。あるいはMacintoshのApple Scriptならば実際に「書く(scribe)」という行為がなくてもScriptができてしまうからまだ何とかなる。けれど、それ以上のことはとても素人には手が出せない。本格的なシェルスクリプトは論外としても、nautilusの場合、~/.gnome2/nautilus-scriptsというフォルダにスクリプトを放りこんでおけばいいそうなのだが、「簡単だ」といわれてもこれもやっぱり私にはできない。けれど、nautilusの場合、ランチャというものを作成することができて、簡単なプログラムならここに仕込むことができる。nautilusのデスクトップ上で右クリックをすると、「ランチャの生成」というメニューがあるからそれを選ぶ。ここにアプリケーションを入れておけばデスクトップにそのアプリケーションへのショートカットができるわけだが、プルダウンメニューから「端末内で動作するアプリケーション」を選び、「コマンド」欄にたびたび使うコマンドを書いておけば、デスクトップ上のアイコンをクリックするだけでそのコマンドが実行できる。たとえば、先のエントリで書いた別パーティションをマウントするコマンドを、ここに書く。「sudo mount /dev/hda5 /mnt/hda5」だ。これでOKにしてできたデスクトップ上のアイコンをダブルクリックすると、ターミナルが立ち上がって、パスワードの入力を求められる。パスワードを入れると、hda5がマウントされるという仕掛け。「端末内で実行」だから実際にはターミナルを立ち上げているわけだし、コマンドは前もってランチャを作るときに打ち込んでいるのだから、やっていることといえばターミナルでコマンドを打ち込むことと何ら変わらない。それでも、たしかにこれだと同じコマンドを何度も打ち直す必要はないから、1回だけ慎重にやればあとは安心だ。コマンドアレルギーには、多少は使える方法かもしれない。
posted by 松本 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MacintoshでUbuntu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック