2007年02月06日

削除ファイルの救出

これはWindowsの話題になってしまうのだが、うっかり削除すべきでないファイルをバックアップの手順を間違えて削除してしまった。その失敗は取り返しがつかないのだが、多少でも状況を改善するために、ファイル復旧ソフトというものが各種出回っている。Windowsのフリーソフトのアーカイブであるvectorで検索したらいくつか出てきた。いずれも有料のものだ。とりあえず試用版をひとつダウンロードしてみた。ディスクにサーチをかけると、削除したファイル名が全部出てくる。ほっとして数千円を払って正式に登録し、さて復旧してみると、復旧したファイルはほとんどが壊れていて話にならない。がっかりしてしまった。そんなことからふと思いついて、Linuxで復旧ソフトがないかどうかsynapticで検索をかけてみた。すると、けっこうある。そのうちのいくつかはLinuxのファイルシステムでしか作動しないようだが、Windowsのファイルシステムでも動作するものもある。Mondoというのはよさそうだが、あいにくとPPC版がない。PhotoRecというのは使えそうだということでサイトに行ってみたら、Windows版やMac版もある。今回の事故はWindowsでのことだから、Windowsでこれを使ってみようと思う。有料の復旧ソフトは、回復できなかったときの「金返せ!」という腹立たしさが付きまとうが(もちろん復旧ソフトで完全な回復などできはしないというのは最初からわかっているのだが)、Linuxのオープンソースならそんな不愉快さは味わわずに済む。たとえ復旧がうまくいかなくても、精神衛生にはいい。まあ、こんなところでフリーソフトの効能をいうのは邪道なんだけれど。
posted by 松本 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MacintoshでUbuntu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック