2008年01月28日

Hardyの進化

Hardyはまだアルファ3だと思うのだけれど、その後何度か大規模なアップデートが入って、だいぶと感じが変わった。まず、嬉しい点としてはサスペンドが再びできるようになったこと。単なるバグだったのだろうか。それから、これもバグっぽかった壁紙が自由に変更できないという点も解消された。目についた大きな改善点はこの2点。

次に、改善といえば言えるような微妙な変化として、操作をしないときにすクリーンが薄暗くなるという省エネ効果の設定が変わったようだ。以前はたぶん画面オフの設定時間の半分位で薄暗くなっていたのが、このところ30秒ぐらい放っておくだけですぐに薄暗くなる。ケチな性分の私としてはもともとそういう設定にしたかったので嬉しいといえば嬉しいのだが、YouTubeの3分ぐらいの動画で途中暗くなるのはいただけない。もうちょっと長くてもいいような気がするが、この設定を変更する方法を見つけ出せないでいる。
そして不自由になった点。おそらくバグやアップデート途中の設定の不具合だろうと思うのだが、まずデスクトップのアイコンがすべて「書類」のアイコンだけになってしまった。普通は画像系は画像のアイコン(サムネールはオフにしているので)、オフィス文書はOOoのアイコン、PDFはevinceのアイコンというようになっていたのが、全部愛想のない文書アイコンになっている。なにかリンクでも切れたかな。
もうひとつ、こっちのほうがシリアスなのは、右クリックからfile rollerを選んで書庫作成ができなくなったこと。たいした機能ではないのだけれど、けっこう不便だ。
いずれにせよ、これらの不具合はベータ版に向けて解消していくだろう。いまのところは、着実な進歩と言えるように思う。
追記:そうそう、ハイバネートもOKでした。サスペンドとハイバネートの両方がOKというのはこのマシンでは初めてかな。
posted by 松本 at 14:28| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。