2007年12月24日

Hardy Heronインストールその後

先日、Hardy Heronのアルファ版をインストールした。本来こちらに書くべき記事だったのだが、うっかりこっちのほうに書いてしまったので、詳細はそちらを。
で、以後の報告をこっちに改めてということで。とはいいながら、たいして書くことはない。それなりに調子がいいからだ。

何より嬉しいのは、無線LANの接続が少し安定したことだ。これはサスペンドとの絡みでのことなのだが、iBookでそうであるように、このDell  Inspironでも、ノートパソコンの蓋を閉めるだけできちんとスリープし、そして蓋を開けたら無線LANの接続が回復する。これで本当に楽になった。以前は、スリープからの復帰で、Power-managerが固まってしまっていたのだ。ちなみに、ごくまれに無線LAN接続が回復しないことがあるが、以前はこれでどうしようもないフリーズにつながっていたのが、今回はUSBのLANアクセスポイントを差し直したらちゃんと動作する。この安定性はいい。
その一方で、初期設定ファイルの読み込みにまだ難があるのかもしれない。というのは、キーボード配列がきちんと日本語キーボードに対応していないというバグがあるのだが、これはキーボード設定で最初から日本語キーボードの指定をやり直せばきっちりと対応してくれるようになる。ところが、再起動したらまた、無効なキーがある。再度キーボード指定をやり直さなければ、例えば「全角/半角」キーなどが効かない。キーボードの設定ファイルが完全に保存されないのだろうか。
また、プリンタの認識能力は以前より上がっているようなのだが、このプリンタが、二度目に使おうとしたら動かなかった。それで、一旦プリンタを削除して再度読み込ませたら、きちんと動く。やはりこの辺も、初期設定ファイルの認識の問題のような気がする。
壁紙の追加がうまくいかなかったり、Rythmboxのファイル読み込みがうまくいかないのも、似たような原因かもしれない。まあ、いずれにせよ、これらは本質的な問題でないので、どんどん改善していくだろう。全体的にいえば、Gutsyよりも気に入っている。目覚ましい新機能はないけれど、着実に安定してきているような気がするから。
posted by 松本 at 11:24| Comment(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。