2007年12月09日

HP Officejet 7210をUbuntuで

何度も同じことを書くけれど、私はファクスが嫌いだ。で、嫌いなファクスを多少でもスマートに処理したいということからFAXモデムの使用を以前に頑張ってみようとして失敗したことは書いた。失敗したのは私の技量が足りないからで仕方ないのだが、だからといってファクスがこなくなるわけではない。つなぎで使ってきた家庭用ファクス機は、どうもいろいろと不備がある。
おまけにプリンタもいい加減くたびれているし、スキャナだって手許に欲しい。ということで、ファクス機能つきの複合機を買うことにした。安いものだと2万円しないから。

いちばん安いのはLexmarkなのだが、調べてみるとLexmarkはLinuxと相性がいまひとつのようだ。2番目に安いのがHP。ヒューレットパッカードは、個人的には好きなメーカーだし、現在使っているプリンタも古いHP製だ。とはいえ、世間の評判では安物ということになっているし、インクカートリッジが高くつくという欠点もある。しかし、私にとって重要なことに、HPはLinuxへの対応が優れている。純正の管理用アプリケーションも配布していて、実際、Ubuntuの7.04まではデフォルトでインストールされていたと思う。私の古いプリンタもまったく問題なく動いている。まあ、何のかんの言っても貧乏な私の手の届く範囲にあるというのが大きい。
評判をたどってみると、どうもDeskjetのシリーズよりはPhotosmartのシリーズの方がいいみたいだ。しかし、Photosmartのシリーズの方が高い。たまたまYahooオークションでPhotosmartの状態のいい品物が安くで出ていたから、ぜひ落としたいと思ったが、オークションに不慣れな私はあっさりと魚を逃してしまった。まあ、「プリンタの中古品なんて手を出すもんじゃない」と、酸っぱいぶどう並みの悪態をついて、Deskjetを発注。1万6千円ほどだからけっこうなもんだ。
年末でちょっと仕事が詰まっているので、この複合機、到着してから1週間ばかり放ってあった。けれど、セットアップするならファクスがやってくる確率の低い日曜日だろう。そこで今日、開梱、設置してみた。
マニュアルは分厚く、読みづらい。このあたり、HPの評判がいまひとつな理由に数えられるかもしれない。基本的に外国メーカーだからなあ。面倒なのでマニュアルはほとんど読まず、設置してから電源を入れてUSBを突っ込んだら(LAN接続もできるが、HABがないのでUSBにした)、例によってすぐに認識した。プリンタとしては、あっさり使える。
ただ、パソコンからのファクス送信をやってみようとしたら、うまく通らなかった。普通だったら深追いはせずに諦めるのだが、ならば以前に見かけたユーティリティソフトでと、synapticからhplipとかhptoolとか、適当にhewlet-packardをキーワードに探してインストールしてやった。アプリケーションメニューのところにファクスのアドレス帳とファクス送信アプリケーション、システムの設定メニューにツールが現れる。このHPツールの方だけで用事が済むようだ。ただ、やっぱりファクスはできない。
いろいろ調べてHPのサイトにまで行ってみた。すると、hplipのバージョンが最新は2.7.10。Ubuntuのリポジトリのバージョンは2.7.7だから、少しバージョンが低い。Ubuntu7.10に対応しているように書いてあるので、ダウンロード。ダウンロードしたファイルのプロパティを変更して実行できるようにしてからダブルクリックで走らせると、インストールが始まる。ところが、必要なファイルが抜けているから進めないとのこと。そのあたりも勝手にダウンロードして処理してくれるようではあるのだが、どういうわけかエラーになってしまった。
そこで、必要だとメッセージの出ていたファイル類(libなんとかとか)を片っ端からsynapticでインストール。その後、再度トライするが、やっぱりエラーが出る。ただ、これは処理中のファイルが残っていたからだということが後でわかった。デスクトップにできていたフォルダを一旦削除して再度トライすると、うまくインストールできた。この際、古いバージョンは削除された模様。
で、新しい「HP Device Manager」は、アプリケーションメニューのアクセサリに入った。これを起動すると、再度ドライバの設定なんかのダイアログが出て、完了。これで、ファクスも(まだちょっと不調ではあるものの)少しは動くようになった模様。少なくとも電話をかけてつながるところまでは進んだ。実際に送信ができるかどうかは試験していないのでわからないけれど。
とかなんとかで、意外と手間取ったけれど、まあこんなものでしょう。ちなみにスキャンもちゃんと認識。Officejetそのものに関してはいろいろと不満がないわけでもないのだけれど、あの値段だから我慢しましょう。それほど頻繁に使うものでもないし、まあ、これで十分かな。
posted by 松本 at 22:44| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。