2007年11月12日

Foxit Viewerもダメ

連敗中のPDF関連のソフト。いい加減もう止めておけばいいのにと思いながら、Foxit Viewerというのを見つけたのでダウンロードしてインストール。圧縮ファイルを展開すると、実行ファイルができるから、これをダブルクリックすると瞬間でビュワーが開いたのには感激した。早いじゃない。
ところが、早速適当なPDFファイルを開こうとしたら、同様に瞬間でこけてしまう。何かログファイルみたいなものだけ残るのだが、いずれにしても読めないことに変わりはない。これじゃだめだ。

ヘルプを見たら、2005年で開発が止まっている。Fedora 4でテストしてあるとかいうことだし、Ubuntuじゃあ無理なのかもしれない。残念ながら、またも、これはボツ。PDFは簡単そうで難しい。


posted by 松本 at 13:33| Comment(2) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
FoxitはWinユーザの間ではかなり有名なツールですよ。
純正が使ってられなくなる程軽いです。
最新版は2007年9月29日のようですが……、Debianは違うのかな。
自分のUbuntuではacroreaderで充分軽いので気にしてませんけど。
まあaptで入れられないのを無理してまで入れる程ではないか。
Posted by hisaruki at 2007年11月12日 17:51
どうなんでしょうねえ。なんか、感触としては、追求すれば使える方法がありそうな気もしたんですが、あんまりあちこちいじってる時間も技量もないので、素のままで使っただけで潔く諦めました。なんとなく、Wineが悪影響を与えているような気がしないでもないのですが。
実は、アクロバットリーダーもうまく入らないんですよ。こっちは頑張ればできるとは思うんですけど。とりあえずEvinceで間に合っているので日和っています。
Posted by Matsumoto at 2007年11月12日 18:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。