2007年10月29日

ハイバネートの不具合は私のせいじゃなかったらしい

先日、ハイバネートがうまくいかない問題の原因は、どうやらスナップショットを保存するためのswap領域が認識できないせいではないかと書いた。そして、その原因の可能性として、インストール時にswap領域を指定しなかったことからfstabでUUIDを指定できなかったせいではないかとも推測した。しかし、前者はどうやらそのとおり、後者はどうやら間違っていたらしい。

というのは、素人にはとうてい見つけられないと思っていたこのUUID、実は「システム→設定→ハードウェア情報」とたどることで簡単に見つけ出すことができるというのを知ったからだ。デバイスマネージャでハードディスクのボリュームを選択して「詳細」タブを開くと、下の方にUUIDの文字数字列が表示されている。これをコピーしてfstabに書き込めば、無事にUUIDが指定される。
これでハイバネートが使えるかと思ったら、相変わらず落ちてしまう。それだけじゃなく、swap領域が破壊される。この破壊されたswap領域をデバイスマネージャで見ると、swapではなくsuspendと表示されている。gpartedでは不明な領域となっているが、どうもsuspend領域というものに書き換えられてしまっているらしい。このあたりにバグがありそうだ。
ちなみに、いったん破壊されたswap領域はgpartedで再フォーマットしてやれば復活するのだが、このときUUIDも書き換えられるようだ。なんだ、けっこういい加減なものだ。だから、破壊されてそれを修復したら、fstabも直してやらなければならないという不始末。
このswap領域の認識の不具合は、他の方法の結果からも推測される。7.04のときsuspend2とuswsuspをインストールしたらちょっとは安定したのを思い出して、synapticでこれをインストールしてやった。すると、uswsuspの方で、設定ダイアログが現れ、「有効なswap領域がありません」と警告された。つまり、やっぱりswapの認識に問題があるわけだ。ちなみに、この2つのプログラムをインストールしてもハイバネートはできない。トラブルは解決しない。
7.04から7.10への変更で、swap領域の扱いに何か変更があったのだろうか。ハイバネート用に別の領域を確保すればいいような気もするが、このあたりもよくわからない。とりあえず、しばらくはハイバネートはできないということで了解しておくしかないだろう。悔しいけれど。
posted by 松本 at 19:36| Comment(2) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はスワップを作り直したら同じような状況になりましたが、これで解決しましたよー
Swap gets broken after hibernate. - Ubuntu Forums
<a href="http://ubuntuforums.org/showthread.php?p=4166129" rel="nofollow">http://ubuntuforums.org/showthread.php?p=4166129</a>
Posted by とおりすがり at 2008年02月21日 03:21
とおりすがりさん、コメントありがとうございます。
この記事の問題は、GutsyをHardyにアップグレードした時点で解消していますので、教えて頂いた解決方法は試せませんでした。しかし、たまたまコメントを頂いたタイミングでSwapが壊れるという別の事情がありました。コメントを頂いたおかげでそれを発見できましたので、偶然にしても非常に有難いコメントでした。このトラブルに関しては、別エントリーで書こうと思っています。
Posted by Matsumoto at 2008年02月22日 11:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。