2007年10月21日

FonとGutsyは相性が悪いの?

Fonを使い始めたときのあまりの簡単さに感動したことは以前に書いたが、それはたまたま運がよかったからということのようだ。というのは、一昨日Ubuntu7.10であるGutsy Gibbonにアップグレードしたら、たちまち調子がおかしくなってしまった。
いや、無線LANは快調につながるのだ。ただしそれは、オープンなネットワークであるFON_APにつながるときだけ。ここからプライベートなネットワークであるMyPlaceに接続しようとすると、つながらない。ネットワーク設定で固定して接続しようとすると、見掛け上はつながるが、実際にはつながらない。一番最初に使ったときに1回だけつながったように思ったのだが、あれは幻だったんだろうか?

WEPとかWPAとか、いろんなプロトコルがあるみたなので、Fonのルーターの設定を変更していろいろ試すが、どのパスワード、パスフレーズも通らない。FON_APには接続できるのに、どうしてもMyPlaceに切り替えられない。
Feisty Fawnではしっかりつながっていたのにと残念でしかたない。どうも無線LAN関係にはバグがあるようで、英語フォーラムでも「速度が遅い」とか「つながらない」というような書き込みがある。私の場合と微妙に違う問題かもしれないが、根っ子で関係しているかもしれない。そのうちバグフィックスで直るだろうか。
しかし、せっかく前は使えていたのだからと、よし、それならダウングレードしようかと無謀なことを考えた。接続を扱っているのはネットワークマネージャだから、たぶんそいつだろうと見当を付けてsynapticで検索。しかし、どうやってダウングレードするの? プロパティを見たり公式サイトへ行ってみたりしたが、さっぱりわからない。
そのうち、「そうか、Feistyのリポジトリを追加すればいいんだ」と気がついた。けど、じゃあリポジトリってどこにあるの? いろいろとネットを探し回った挙句、http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu feisty mainにあることがわかった。これを、頭にdebをくっつけて、synaptic→設定→リポジトリ→サードパーティのソフトウェアの「追加」から追加してやる。再読み込みをかければ、Feistyのリポジトリが追加されている。そこでnetwork-managerを検索して、「パッケージ」メニューから「バージョンの強制」を選択してやると、GutsyかFeistyかが選べるようになっている。素人の勘でもここまでできるなんて楽勝じゃない! とイージーな気分になったのがいけなかった。
ダウングレードのチェックを入れて、「適用」を押す。なにか文句をいわれるが、かまわず強行。だって、ダメなら後でインストールしなおせばいいわけだからと、気軽にやったのが大間違い。文句を言われた内容に注意すべきだった。依存の関係で「network-manager-gnomeを削除する」というメッセージだったのだから。
強行した結果、何が起こったかというと、ネットワークにつながらなくなってしまった。「なに、慌てることはない。インストールしなおせばいいのさ」と思ったのが素人の浅はかさ。だって、network-managerをインストールしようにもプログラムをダウンロードできないんだから。バカな私も、だんだん状況が飲み込めてきた。あちゃあ、ネットワーク関係のプログラムがなければネットに接続できないんだ。削除しちゃいけなかったんだ。そりゃあそうだ。
それでも顔をひきつらせながらも、「なに、きっとCDからインストールできるさ」と平気を装った。GutsyのインストールCDを挿入して、synapticの編集メニューから、「CD-ROMを追加」を選んでやる。ところが、CDに入っていると思われる必須プログラム類は追加されない。ちなみに、古い6.06のCDを同様に追加してやったら、これはリポジトリに追加され、CD内のプログラムもインストール可能になった。ということは、昔といまではLive  CDの仕組みが違うんだろうか。まあ、そんなことはどうでもいい。何にしても6.06で追加できるプログラムにはnetwork-manager-gnomeは入っていなかった。XubuntuのCDだったからかなあ。ならばXfceをインストールしようかと思ったら、こちらはバージョンの不整合のせいかムリ。あーあ、八方塞がり。
しかし、困ったときは基本の操作が役立つもので、なんのことはない、再起動したら有線のLANがつながった。あー、よかったよお。とりあえず復元。けれど、それでは問題は解決しないので、 再びダウングレードに挑戦。network-managerとnetwork-manager-gnomeをいっぺんにダウングレードする。これで今度こそ、ネットにつながらないという困った事態にもならずにダウングレードに成功。
よっしゃ、これでFeistyと同じようにMyPlaceに接続できる! と思ったのは甘い! 事態はなあんにも変わらない。強いていうなら、日本語の表示が英語になったことぐらい。これじゃあ意味はない。
ということは、network-managerやnetwork-manager-gnomeの問題ではなく、それが使用している別のプログラムの問題なのだと見当をつけた。だったら依存関係にあるプログラムも一緒にダウングレードすれば解決するかもしれない。ということで、いくつかのプログラムをダウングレードしたが、全く変化なし。依存関係にあるプログラムはたくさんあるから、もっともっと試すことも可能だった。けれど、あんまりやりすぎて今度こそ動かなくなってしまったら怖いので、そのあたりでダウングレードという作戦は中断。結局、いろいろ悩んだ挙句、「やっぱりバグフィックスを待つしかないなあ」という情けない結果に終わった。
全く素人が、何やってることだか。
posted by 松本 at 21:48| Comment(2) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はWicdをダウンロードしてMyPlaceに接続できるようになりました。FON_APとの切り替えでは毎回リブートしないとうまくできませんが、とりあえずMyPlaceには自動接続できます。お試しあれ。
<a href="http://wicd.sourceforge.net/download.php" rel="nofollow">http://wicd.sourceforge.net/download.php</a>
Posted by MKUWATA at 2007年12月19日 09:00
MKUWATAさま、コメントありがとうございます。最近スパムが多いので、せっかく頂いたコメントを見落としていました。
先日Hardy Heronのアルファ版にアップグレードしたのですが、こちらの方は(いまだにMyPlaceにはアクセスできないのですが)、かなり調子がいいので、こっちでしばらくやってみようと思います。
Wicdにも興味はあるのですが、network-managerを削除しなければならないという点で、「もしも失敗したら」という恐怖が抜けません。このあたり、悩ましいところです。いずれにせよ、情報ありがとうございました。
Posted by Matsumoto at 2007年12月23日 21:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。