2007年09月18日

音量調整 - こんなことも知らなかったとは

サスペンドの問題がSwap領域の確保で片付いたのでJWM環境からGnome環境に戻ってきたのだが、一時はもうJWMで安住するつもりだった。そこでいろいろと細かい整備を始めていたのだが、そのひとつが音量の調整だった。というのは、iBookでは音量調整はJWMでもキーボードショートカットが有効だったのに、Dell Inspironではそれが効かない。これでは困るので、何かアプリケーションを入れて解決しようと思った。synapticを検索するとvolumecontrol.appというのがあるから入れてみたら、うまく音量が調整できる。嬉しいのは、本体スピーカーの音量だけでなく、ヘッドホンの音量も別個に調整できることだ。実はこれが困っていた。というのは、ヘッドホンの音量が変えられず、「これはハードウェアの問題で解決できないのかもしれない」と諦めていたからだ。これで安心して夜中に映画を見ることもできる。

とまあ、これで一件落着ならめでたしめでたしなのだが、その直後に、 Gnomeデフォルトの音量コントロールがあるのに気がついた。起動してみたら、volumecontrol.app とほとんど変わらない機能で、もちろんヘッドホンの音量も調整できる。「なんだ、こんなものがあったのか」と気の抜けた思いで、JWMのメニューにこれを仕込んだ。これで、音量調整は自由自在になった。
ところが、結局はJWMからGnomeに戻ってくることになった。すると、ヘッドホンの音量も調整できるあのアプリケーションを日常的に使いたくなった。せっかくインストールされているのにメニューにも出ていないんじゃもったいない。そこで、わざわざ「メインメニュー」の設定から、アプリケーションのアクセサリーのところに仕込んだ。
ところが、である。いまごろになって気がついたのだが、パネルに置いてあるアプレットの「音量コントロール」で、右クリックしたら、「音量調節ツールを開く」というのがある。そこに行ってやれば、なあんだ、音量コントロールがこれで立ち上がるんじゃないか。
ということで、いろいろ設定をいじり回した挙句、結局はデフォルトで音量の調整ができましたというオチになった。何をやっているんだか。
posted by 松本 at 20:21| Comment(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。