この記事へのコメント
ご紹介ありがとうございます。
このネタを書いた本人です。
見つけた時は本当にビックリしました。
でも、この出品によりUbuntuの利用者が増えていくかもしれません。
自宅ではMacがメインですが、Ubuntuも利用しています。
またこちらのブログに来させてもらいますね!
Posted by DK at 2007年09月14日 23:11
DKさん、御来訪ありがとうございます。最初は意味もわからず、とにかくびっくりしました。いまでもちょっと「?」ではあるのですが。
確かに出てますね。600円で。でも、600円なら確かに悪くはないかも。たとえばその辺の電器屋でワンコインでUbuntuのCDがあったら、わざわざダウンロードして焼く手間を考えたら買うかもしれないですね。特にいま、私は通信回線の状態が悪いので、次のアップデートではどうやってダウンロードしようかと悩んでいるぐらいですから。600円の値段設定は、確かに微妙にくすぐります。
実際、数万円のWindowsを買うことを思えば、安いものですしねえ。
今後もよろしくお願いします。
Posted by Matsumoto at 2007年09月15日 09:24
ヨコから失礼します。
インストールマニュアルのコピーも同梱
とかだと、なかなか立派な商売になるのではないでしょうか。
そこまでするとライセンス違反かな?
Cent-OSまであるあたりが、
出品者のこだわりを感じさせますね。
Posted by ラーメン at 2007年09月17日 11:12
ラーメンさん、コメントありがとうございます。いや、そこまでいったらライセンス違反じゃなく、逆に「インストールマニュアル」がメインの本でそのオマケCDみたいになるんじゃないでしょうか。最近あちこちの雑誌にライブCDがくっついてますしね。
そうか、本をオークションで売るという手があったな。
Posted by Matsumoto at 2007年09月17日 11:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。