2007年09月05日

テキストエディタ使用時にF10でメニューバーが出る

Dellのマシンに移ってから、原稿書きにOpenOfficeを使う頻度が高くなった。というのも、以前は機械の性能が低かったから少しでも負担をかけない軽いテキストエディタを使うようにしていたのだが、この機械だとその心配がないからだ。もちろん余分な機能がないほうが単なる文字入力にはつかいやすいと個人的に思うので、テキストエディタを使うことがないわけではなかった。けれど、あまり多用はしなかった。
そのせいで、しばらく前に橋谷さんのブログ(日々是好日 - http://bash.wordpress.ne.jp)に「日本語入力中、F10で半角に変換されるのではなくメニューバーが表示される」というような意味の書き込みがあったとき、「そんなことはないだろう」と思った。実際、そういうコメントを書き込ませていただいたのである。

けれど、久しぶりにテキストエディタで分量のまとまった仕事を始めたら、あれれ、確かにF10ではメニューバーが出てAnthyのキーバインディングである「日本語入力未確定文字の半角英数字への変換」が無視される。なんだ、やっぱり橋谷さんのいうとおりだった。
これでは使いにくいのでこの機能を無効にしたいのだが、どうやればいいかわからない。他のアプリケーション(OpenOfficeやThunderbird、Firefoxなど)ではこのようなことは起こらないからたぶんgeditの設定だろうと思ったが、geditの設定にはそういう項目がない。それなら設定エディタだろうと見当を付けたが、こちらで見てもgeditの設定にそれらしいものはない。
素人にはここはいじれないのかなあと思ったが、ふと思い立って、設定エディタ内で検索をかけてみることにした。F10のキーバインディングなのだから、「F10」をキーワードにしてやればいい。そして検索したら、ドンピシャ、
/desktop/gnome/interface/menubar_accel
という設定項目で、 「メニューバーを開くキーボードショートカット」としてF10が割り振ってあった。どうもgnomeの初期設定らしい。geditはそこに統合されているわけだ。
そこでこのF10を削除したら、無事、Anthyのキーボードショートカットが有効になった。思いつきでやってみたけど、設定エディタの検索はけっこう有用な情報をもたらしてくれる。
posted by 松本 at 15:59| Comment(3) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
松本さん、こんばんは。
おかげさまで、エディタ環境が快適になりました。家では何不自由なく、 Ubuntu で活動しています。職場では未だに windows ですが…
これからもよろしくお願いします。
Posted by 橋谷 at 2007年09月05日 18:58
橋谷さん、こんばんは。そちらのブログのネタを勝手に使わせていただきました。些細なことですが、自分で解決できたのが嬉しかったのです。で、調子にのって他にも設定エディタを見ていたんですが、特に「これ」というものもありませんでした。やっぱり、目的がないとダメなようです。
Posted by Matsumoto at 2007年09月05日 19:29
松本さん、こんばんは。
うちのブログにコメントいただいていたみたいですが、文字化けしていましたので削除しました。申し訳ありません。
最近うちのブログの調子がいまいちなので、そのせいだと思います。ご迷惑お掛けします。
F10の話題はうちのブログでも取り上げさせていただきました。:)
Posted by 橋谷 at 2007年09月12日 19:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。