2011年02月01日

ubuntuのソフトウェアキーボード

私の環境では特に使い道もないのだけれど、Ubuntuにソフトウェアキーボードがデフォルトで搭載されているという記事をどこかのブログで読んだので(すみません、元記事を失念してます)、備忘替わりに。端末、もしくはソフトウェアの実行(Gnome環境ではAlt+F2だったかな?)でonboardと打ち込むと、ソフトウェアキーボードが起動する。マウスクリックで普通のキーボードとして使用可能。もちろん、MozcとかAnthyが起動していれば、日本語変換にも対応している。使用していないときもスクリーンの最前面に固定されている。端末からオプションを入力すると、サイズは変更できるようだ。
キーボードの右側にスペースがあるので、ここをクリックすると、Fキーやテンキーが現れた。なるほどという感じ。Fキーを出すと左下のところに「設定」と書いた四角形が出るので、ここをクリックすると設定画面が現れる。フルキーボードなど、外観の設定をここで変更できるようだ。

たぶんこれは、タッチパネル対応機種なんかですぐに使えるように備えてあるのだろう。マウスクリックで入力するのはどう考えても実用的ではないけれど、とりあえずこの記事のタイトルはそうやって入力したもの。やってできなくはない。もしも常用するような環境だったら、ランチャーに仕込んでおけばいいんだろうな。
posted by 松本 at 09:48| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。