2011年01月06日

Webcam問題、一応の解決

前回、Webcamでうまく動画が撮影できないという問題を書いたが、その後、しつこく調べていたら、どうにかそこそこにきれいな動画を撮影する方法が見つかったので、まずは報告。
要はguvcviewというパッケージを使えばできた、というだけのこと。これは例によってSynapticから簡単にインストールでき、メインメニューに上がってくるので、起動すると動画表示画面とコントロール画面の2つのウィンドウが現れる。このコントロール画面の下に現れたキャプチャのアイコンをクリックして録画を開始し、もう一回クリックして終了。右側のVideo Fileの「開く」アイコンをクリックして保存場所を選んで保存すると、動画が作成される。下の方にある保存のアイコンはプロファイルの保存に過ぎないようなので注意が必要だ。これでほぼ文句ない動画が撮れる。
問題があったとしたら、音がズレてしまったことぐらいだ。これは、コントロール画面のオーディオタブで、サンプルレートを「デバイスデフォルト」から「音楽フォーマット」のプロパティで設定されたのと同じ数値に変更したらちゃんと通った。サンプルレートがミスマッチだったようだ。すべて解決で、めでたしめでたし。

このguvcviewを発見したのは、本家コミュニティのウェブカムの項目と、そこからリンクをたどったトラブルシューティングの項目を読んでいたときだ。やっぱりきちんと書いてあるところには書いてある。
試行錯誤の過程で、Vlcで直接Webcamの動画を表示させるところまではいった。このように、いろいろな代替手段がまだまだありそうだ。ひとつで行き詰まっても他で突破できる可能性があるから、Ubuntuは面白い。さて、何かYouTubeにアップしてみるかな。その前に、動画編集か。まだ道のりは遠い。
posted by 松本 at 14:56| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。