2010年12月30日

Asus UL20AにUbuntuをインストール

前回、AsusのUL20Aを購入して使い始めたことを報告した。さて、Ubuntuをインストールしなければならないけれど、手持ちの外付けDVDドライブはもともと調子の悪い内蔵ドライブをアダプタで無理矢理に外付けにしているもので、相変わらず調子は良くない(トレイがよっぽど運がよくないと開かない)。できれば使いたくない。その一方で、メモリスティックもよくエラーが出る。ならば、久しぶりにUNetBootinでインストールしてやろうと考えた。自動でディスクイメージをダウンロードしてハードディスクに保存し、そのハードディスクイメージからインストール作業を行なってくれるという優れもの。
その前にまずは外付けDVDドライブをつないで、たまたま転がっていたUbuntu9.10のLive CDから立ち上げ、GPartedでパーティションを確認してみた。その結果、パーティションは4つに分割されていて、第1にはリストアデータ、第2にはWindows、第3は不明で、第4がデータ領域ということ。このデータ領域は、WindowsからはDドライブとして認識されていて、データは特に入っていない。ということで、このパーティションにUbuntuをインストールすればいいということがわかった。この領域内に論理パーティションを切ることにする。システム用の領域とスワップ、今回は/homeにパーティションを割り付けるつもりで、そのためにひとつ。
さて、UNetBootinの方だが、まず、これを素で使うのは失敗だった。というのは、これは素直にCDイメージをダウンロードする。Bittorrentのほうが早いのはもちろんだから、せめてデータだけでも別途ダウンロードすればよかった。というか、以前使ったデータがどっかにあったはず。ダウンロードは回線が混んでいるのか結構時間がかかったので、これでかなりタイムロスをした。
で、ダウンロードが終了するとリブートを求められるので、再起動。WindowsのブートローダーでUNetBootinが選択できるようになっていて、自動的にUbuntuのLive起動が始まる。全く問題なく起動するので、このままLive状態で使い続けようかと思うくらいだ。
さて、いよいよインストールなのだけれど、パーティションを指定し、いよいよインストール開始直前のタイムゾーン指定の段階で、「/cdromがアンマウントできません」というエラー。続行を押してもキャンセルを押しても反応はしない。フリーズ状態。システムは生きているのでシステムモニタから強制終了して脱出するのだけれど、それではもちろんインストールはできない。いろいろ条件を変えてみてもダメ。
Live起動時に、UNetBootinに入ったところでescキーを押すと、Live CDの起動画面に入れる。ここで、デスクトップに入らずに直接インストールするオプションを選択しても、結果は同じ。
もともとCDドライブもDVDドライブもついていないこのマシンで、なんで/cdromがアンマウントできないということになるんだろう。起動状態で見てみると、確かにここにはディスクがマウントされている。中身を見ると、Linuxシステム。なるほど。
このUL20Aは、Asus独自のLinuxをExpress Gateとして備えている。これはハードディスク内に見当たらないので、別ドライブが用意されているのではないかと思う。これがどういうわけかCDドライブとしてマウントされてしまっている。(追記:と思ったのだが、あとで確認するとこれはWindowsパーティションがマウントされていたのだった。どうしてそうなるのかは不明のまま。)そして、CDドライブではないのだから、おそらく仕様上、通常の処理ではアンマウントできなくなっている。
まいったなあと思った。ハードディスクでも外付けドライブでもない半端なドライブだけに、手の出しようがない。それなら本物のCDドライブをUSB外付けで接続して起動してみたらどうかと思ってやってみたが、どういうわけか本物のCDドライブではなくこのExpress Gate(追記:Windowsパーティションに訂正)の方を認識してしまう。
そこで、CDドライブを接続ついでに、手元にあった9.10のLive CDでインストールできるかどうかやってみた。ちなみに、このときのLive起動でも、なぜか/cdromにはLinuxドライブがマウントされている。それでもかまわずインストール続行。そしたら、すんなりとインストールを進められた。
だから、これはUNetBootinのトラップなのか、10.10のトラップなのかわからない。試してみればわかるのだろうけれど、そこまでの根性はなかった。9.10でインストールできたのなら、そこからアップグレードを繰り返せばいいやと、もう投げやりになってインストール終了。さすがにインストール所要時間は短かった。
そこから一晩がかりで10.10にアップグレードして、めでたしめでたしとなったわけだ。そして、大掃除の傍らで、データの移動も終了。ほぼInspiron mini 12と同じ環境に復帰できたところで、昨日は終わった。
さて、このAsusマシンを使ってみてどうかという本当のインプレッションは、たぶん明日。もしくは来年の話になるだろうな。


posted by 松本 at 11:59| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。