2010年10月14日

バグなのか? マウスパッドのリターンキーが効かない

私の愛用するInspiron mini 12は非力なAtomマシンなので、できるだけ軽いアプリを使うように心がけている。テキストエディタとしてgeditのほかにxfce標準のマウスパッドを使っているのも、そんな理由から。マウスパッドはgeditのようにタグを色づけしてくれたりプラグインが利用できたりという気の効いた機能はないけれど、テキストをひたすら打ち込んでいくようなときにはこれで十分。操作中の反応が特にいいわけではないけれど、少なくとも起動時間はgeditよりも早いということで、けっこう使っている。
そのマウスパッドを10.10にアップグレード後、初めてまともに使おうとして、おや?と思った。リターンキーを押しても、改行されない。

これはテキスト入力の基本操作だと思うので、たぶんバグなのだろう。ちなみに日本語入力をオフにしても同じことなので、日本語入力との相性の問題ではないように思う。ただ、Google検索しても情報が出てこないから、私の環境特有の問題なのかもしれない。
リターンキーでは改行しないけれど、シフトを押してリターンキーを押す(つまりエンターキーにしてやる)と、改行ができる。アプリケーションによってはエンターキーとリターンキーでは入力される改行コードが違うから、そういった関係なのかもしれない。マウスパッドでは、改行コードはLFとCR+LF、CRを保存時に選択できる。これが気に入っているところの一つなのだけれど、ひょっとしたらそのあたりもこのバグに関係するのかもしれない。
改行以外のリターンキーの機能は、特に問題はなさそうだ。たとえば、変換文字列の確定なんかでは、ちゃんとリターンキーで確定する。だからキーを認識していないわけではないと思う。マウスパッドには細かなせっていファイルもついていないし、しばらくはバグフィックス待ちかなと思う。環境固有の問題かもしれないし。
posted by 松本 at 16:29| Comment(1) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
<p>มีอะไรดีดีบ้างมัย</p>
<p>どのようないくつかの良い良い馬です</p>
Posted by Home at 2010年10月15日 09:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。