2010年10月07日

Inspiron mini 12 + MaverickでのGrub問題解決!

Inspiron mini 12(その他いくつかの機種)で10.10 Maverickをインストールしたら起動できないという問題が発生していたが、これがどうやら解決したようだ。少なくとも私のInspiron mini 12では、本日の定期アップデートで普通に起動できるようになった。
以前には、grubがgrub設定を読みに行ったところで見失って立ち往生するという症状で、起動ができなかった。仕方ないので、別パーティションにインストールした旧バージョンからgrubをインストールして使っていた。これは十中八九grubの問題だと思っていたら、今朝のアップデートでgrub-pcとgrub-commonのアップデートがあった。そこで期待して、アップデート後にgrubを10.10側から再インストール。再起動すると、あっさりと立ち上がった。

これまでは、誤魔化しながら使っている感じがしたので、これでようやくすっきりした。おそらくこの変更は正式リリースに含まれるだろうから、正式リリース版のインストールCDではこの問題は発生しなくなるだろう。確認はしていないが、現在のRC版のディスクでも、インストール中にアップデートを適用するというオプションを適用すればOKかもしれない。このオプションが追加された意味があんまりわからなかったのだけれど、確かにこういうときには役立つような気はする。
サスペンドだけはまだなのだけれど、これでほぼ、10.04と変わらない運用ができるようになった。確実に進化は感じられるが、そのあたりはまたネタにすることにしよう。
posted by 松本 at 11:22| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。