2010年09月10日

ネットにつながらないトラブル − 単にルーターの問題

昼食を食べて席に戻ったら、いきなりネットにつながらなくなっていた。これは困る。
どうも手元のPCの問題ではないようなので、モデム関連のトラブルだろうと見当をつけて、電源の再投入をやってみた。だいたいが、ここのネットワークの元には、光ケーブルからの変換器、電話接続用の器具、ルーター兼用のモデム、テレビの変換器、FONルーターと、5つもの器具がぶら下がっている。もうちょっとスッキリできないものかと思うのだけれど、これはどうしようもない。これらの電源を落として再投入。けれど、改善は見られない。
ということならリセットでしょうということでリセットボタンを押してみたが、やっぱり変化なし。ローカルではネットワークがつながっているので、これはWANに接続できていないのか、それともプロバイダの問題らしい。
問題を切り分けるには、ルーターを介さずにWANに接続してみることだろう。そこで、UbuntuからPPP接続をしてみようと思ったが、ネットワーク接続の編集を開いてもそれと思しき項目は見つからない。これは困った。

あとでわかったのは、gnome-pppというプログラムをSynapticパッケージマネージャから入れておけば、かんたんに設定できるということ。ところが、これをインストールしようと思ったら、まずネットワークに接続していなければならない。鶏が先か卵が先かの状態が生まれてしまう。
そこで、デフォルトでやるとなると、まず端末を開き、sudo pppoeconfと入れてやる。これで設定ができるらしい。
というようなことはあとで調べてわかったこと。とりあえずこのときは、八方塞がりで本当に困った。けれど、ルーターのリセットをやり直したら、至極あっさりとネットワークが復活した。拍子抜け。さっきリセットしたのは、電話機用の別の機械だったようだ。外見はどっちもモデムなので、間違えてしまった。なまじローカルのネットワークが生きていたので、こっちのほうには問題がなかろうと思ったのが甘かったわけだ。
とにもかくにも、解決してめでたしめでたし。しかし、将来のためにpppoeconfは覚えておこう。
posted by 松本 at 16:16| Comment(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。