2010年05月13日

10.04 Lucid LynxでGoogle日本語入力

でぶろぐさんで、GMA 500ドライバのインストールスクリプトが更新されているという情報をアップしていてくれていたので、その記載に従って10.04のPoulsboドライバを更新。実際のところ何が変わったのかはよくわからないのだけれど、これを機会に9.10環境から10.04環境に戻ることにした。
というのは、9.10環境でGoogle日本語入力を1日あまりつかってみて、非常に感触がよかったから、「これなら10.04で使っても問題はないだろう」と思ったからだ。そこで、ドライバ更新後に、例によって憩いの場さんのところから.debパッケージをもらってインストール。この際、サイト主Sawaさんのお勧めに従って、リポジトリ追加ではなく、.debパッケージのダウンロードでインストールを行った。
なお、こちらで「Google日本語入力用の郵便番号辞書配布中」ということだったので、そこからuser_dictionary.dbという辞書ファイルをもらって、 ~/.mozc/に置いてみたが、あまり変化は感じられない。郵便番号で住所の入力が可能になったようでもないし。このあたり、Linuxだからなのか、よくわからない。

あと、私の環境では、変換中の文字が強調されないという問題が発生している。これは私の軽量デスクトップ環境特有の問題と思われるので、もうちょっと調べてみる必要がありそうだ。
とにもかくにも、これで一気に仕事環境が改善された。LucidとGoogle日本語入力と。この2つがどれだけ仕事を支えてくれるか、これから楽しみだ。
posted by 松本 at 21:08| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。