2010年04月22日

iBus-Anthyでの中黒「・」の設定変更

Karmicから採用になったiBusに関しては、使い勝手がだいぶと以前のSCIMとちがうので、それなりに評判がよくなかった。私も、たとえばシフトを押して英数大文字を入力したあとの小文字入力の挙動とか、変換中にF6やF7を押したときの挙動の違いなどで、ときどき使い辛い思いをしてきた。しかし、逆に言えばそれ以外のところでは安定しているし、変換そのものは同じAnthyで特に違和感もないので、多くの人がScimに戻したという噂を聞いても、自分ではそうしようとは思わなかった。まあ、運用で乗りきるかなと。
ただ、やっぱり自分好みに変えたい気持ちはある。ブログをあさっていたら、たまたまこちらの記事で簡単に「め」キーを押したときの初期設定を「/」から「・」に変更する方法が書いてあったので、それならとやってみた。GUI派の私としては、もちろん指定のディレクトリまで行ってファイルを右クリックから「管理者権限で開く」として編集したわけだが、まあ同じことだろう。パネルのiBusのところで「再起動」を選ぶと、すぐに反映された。

Lucidのリリースも近い今頃になってすることでもなさそうなのだけれど(Lucidでは設定が「・」になっているとの噂)、私のメインマシンは事情があってすぐにアップグレードできない。だから、やっておいてもわるくないかなと思った。あとはファンクションキーの挙動が編集できればいいのだけれど、調べているだけの余裕もないな。
posted by 松本 at 09:40| Comment(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。