2010年02月06日

毎度同じカーネルアップデート

もう特記することもないルーチン化したInspiron mini 12のカーネルアップデートなのでわざわざ記事にすることもないのだけれど、今日、カーネルアップデートがあった。synapticパッケージマネージャでアップデート後、再起動するとエラー。ここでダイアログが出るので、「再設定」を選ばずに(ここを選ぶと手間が増える)、「一度だけ低解像度で表示」を選ぶと、横に間延びした画面で表示される。ここで、端末を開いてsudo dpkg-reconfigure psb-kernel-sourceと打ち込むと、しばらく時間がかかって終了。再起動すると、いつもの正しい解像度で表示されるようになった。
ちょっと前のgrubの変更で起動調整と音量調整もできるようになっているし、カーネルアップデートで何か特に改良されたことがあるような感覚もない。それでもアップデートには順次付き合っていこうと思う。

ついでに、カーネルのアップデートとは関係ないのだけれど、たまたま同じタイミングでGoogle Chromeも5.0にアップグレードされた。どこがどう違うのかわからない。ただ、以前はうまくいかなかったメニューからの印刷が可能になっているようだ(以前は右クリックからのみ可能)。これが4.0のときからそうだったのかどうか、見落としていたのでわからない。そういえば以前は文字化けして使えなかった機能拡張のRSS Linksも、しばらく前から普通に使えるようになっている。Chromeは着実に進化中のようだ。


posted by 松本 at 14:27| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。