2010年02月02日

AD: Ubuntuラブコメ!

何ともヒマなことをやると自分でも呆れてしまうのだが、Ubuntuをネタにしたコメディ小説を書いた。で、こちらのサイトにアップしてある。
http://www.novepro.jp/
<追記:ここに広告バナーを貼っていましたが、アフィリエイトをやめたので削除しました。>
題名は「るなの頭痛とライブCD」。「恋はUbuntu」という投げやりなシリーズ名で、何とも厚かましいことに50円の有料版。誰がこんなもん読むんだろうかと思わないでもないが、書いた人間が言うことではないな。
もともと、何ヶ月か前、ふと「Ubuntuが登場するライトノベルなんてあったらおもしろいだろうなあ」と思ったのが発端。妄想はどんどん膨らんで、1話あたりにUbuntuのアプリケーションを1つずつ紹介するシリーズに発展した。まさかSFにするわけにいかないので、軽いラブコメ。パソコンが登場するならオフィスでしょうということで、以前仕事をしたことがある取引先の数社をモデルに、「ベンチャー企業で働くスーパーOL」(ただし実態は中小企業の雑用係)を主人公に据えた。三角関係でなければおもしろくないので、部下の新人OLと同期のサバ管を設定。とりあえず第一話を書いたところで妄想はしぼんで、お蔵入り。
それが先日、上記のサイトの広告からそっちに迷い込み、「ライトノベルのサイトかあ。そういえばネタがあったよなあ」と、廃物利用。調子にのって第二話を執筆中。
いろいろと裏話がないわけではないのだけれど、あまり調子にのってベラベラ書くものでもないだろう。とりあえず、なんで小説なんか書けるのかということだけ説明しておこう。いや、もちろんまともな小説なんて書けはしない。あくまでその場しのぎの読み捨てものの話。
はるかむかし、私は学習参考書業界にいた。末端の編集プロダクションで、理科や数学の問題をつくっていた。で、当時の学習参考書の問題というのは、著作権も何もあったればこそ、流用と盗用だけで成り立っているような世界だった。もちろん、著作権そのものはたてまえとしてある。だから、細かい表現を変えたり設定を変更したりして、オリジナルとは外見上だけでも違うものを量産した。実質的にはどれをとっても同じなのだけれど、本来そうでなければ問題集の役にも立たないので、全員が共犯であるような世界だった。
そういう世界で20年近く仕事をしたおかげで、「パターンに乗っかって似て非なるものをでっち上げる」ことは、私の第二の天性ぐらいになっている。だから、「ラブコメでも書くか」と思ったら、書けてしまう。オリジナルといえばオリジナルなのだけれど、100%そこらに転がっているパターンだけのストーリーと表現。そんな作品に意味があるわけはないが、ともかくも形だけはついてしまう。
で、このシリーズ、各回Ubuntuのアプリを紹介する企画ではあるのだけれど、第一回だけはアプリではなくライブCDがネタ。第二回はInkscapeで、そこまではどっちにしても書いてしまおうと思う。第三回までモチベーションが続くかどうかは、反応次第かなあ。もちろん、遊んでばかりいるわけにもいかないのだけれど。
posted by 松本 at 15:35| Comment(0) | AD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。