2010年01月28日

iPadでUbuntuは走るのだろうか

元Macユーザーとしてこういうことを考えるのは何とも奇妙なのだけれど、AppleからiPad発表というニュースを聞いて真っ先に思ったのは「これってUbuntuインストールできるの?」といいうことだった。タブレット型PCはもはや珍しいものでもないし、最近のUbuntuだって(一部分は確実に)そっちの方向を向いている。それでもジョブスさん、例によって一種の熱狂を巻き起こしたのは、今回はハードウェアの力ではないかと思う。爆速でバッテリ寿命10時間とかいうApple A4だ。となってくると、このApple A4チップセットでUbuntuが動くかどうかというのが気になってくるところ。動いたら、おもしろいだろうな。

いまのところフラッシュが対応しないというのは、やっぱりApple A4のアーキテクチャが違うからなのだろう。噂の中にはARM系という推測も流れているけれど、真相は不明。もしそうならNetWalker同様にUbuntuが動くのかもしれないが、さて、どうなのだろう。
このApple A4の評判がよければ、当然、MacBookとか、他のシリーズのマシンにも搭載されてくる可能性がある。Macがインテル時代に別れを告げて再び独自プロセッサの世界に進む可能性もあるわけで、そうなるとまたいろいろとおもしろい話が持ち上がりそう。目がはなせないかもしれない。
[追記] こちらその他によると、アーキテクチャはPowerPC系ではないかとの推測。だとしたらAppleの先祖返りになるのだろうか。その場合でもUbuntuは(Geekな人々が頑張ってくれれば)走るようになるのではないだろうか。
[追追記] こちらによると、やっぱりARM系ではと。情報錯綜してます。
posted by 松本 at 08:52| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。