2010年01月07日

またもカーネルアップデート、今度は手間なし

カーネルアップデートが入っているということで、「またもpsbドライバの再インストールか」と思った。しかし、こちらの記述からたどりついたこちらの情報でコマンド一発でOKらしいというので、その方法をやってみることにした。コマンドアレルギーの私だけれど、あんまり贅沢は言っていられない。
まずは、PPAのhttp://ppa.launchpad.net/lucazade/gma500/ubuntu/のリポジトリ追加。これは以前に追加して無効にしてあったのを復活する。そしておもむろにsynapticから「すべてアップグレード」。
再起動すると、psbドライバが無向になっているが、「1回だけ低解像度でログイン」とかいうのを選べば横長に間延びした画面でログインできる。ここで端末を開き、「sudo dpkg-reconfigure psb-kernel-source」と打ち込み、再起動。これだけ。
アップデート効果はまだわからないけれど、とりあえず順調に動いている。
posted by 松本 at 16:32| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。