2009年05月10日

OpenOffice 3.1.0をUME環境に - Inspiron mini 12の環境整備に一苦労

Virtual Boxが入り、Skypeも動作するようになって、ようやくInspiron mini 12のUME環境が、仕事に差し支えない程度に整備されてきた。ちなみにSkypeに関しては、音声がうまく動作していなかったのだが、これは旧マシン上のUbuntu 8.04とSynaptic上で音声関係のファイルを揃えたらうまくいくようになった。いったいどのパッケージが関係していたのかは突き止められないが、まあよしとしよう。副産物としてVlcで音が聞こえなかったのも解決した。これで音楽を聞きながら仕事という優雅なこともできる。
これで実用上、ほぼ問題はない。問題があるとすれば、起動時だ。起動するごとにタッチパッドの設定がもとに戻る。その度にgsynapticsを開いて設定をかえねばならない。これは起動時にgsynapticを自動で設定するように組めば解決すると思うので、大きな問題ではない。もう一つの厄介な問題は、起動後の最初のスリープをハイバネートにしなければならないことだ。以前書いたように、grubの設定にオプションをつけることで、スリープ不能の問題は解決している。けれど、まずハイバネートを行わないと、サスペンドから復帰ができないという奇妙な問題が残っている。だから、スリープに関しては暫定解決。ここは当面、運用で乗り切ろう。
とまあ、文句のないところまできたのだが、ここで、「せっかくならOpenOfficeを3.0で使いたいよなあ」という欲が出てきた。Jauntyにアップグレードしてしばらく使った中で、何が目に見えた改善だったかというと、まずはOpenOfficeのバージョンがあがったことだった。いったんこれを味わったら、なかなかダウングレードは厳しい。そうこうするうちに、OpenOffice 3.10のリリースというニュース。そうなったら、ますます使いたくなる。
そこで本家からダウンロードしてインストールしようと考えた。ダウンロードは簡単。さて、そこからがうまくいかない。

というのは、OpenOfficeのdebファイルは、1つではない。数十のdebファイルをインストールしなければならない。これを片っ端からダブルクリックしても、依存関係の問題で無理。せっかくgdebiをインストールし、アップグレードして通常版のプログラムをこのlpia環境にインストールできるようになったのに、単純にことは運ばない。
多くの人がここで壁にぶち当たっているらしい。そして、これを乗り越えるのは、「端末からコマンド」という方法のみ。私には気の重いことだが、ここはひとつがまんしてと思って、あちこちに書いてあるようにやってみた。dpkg -i ./Desktop/OOO300_m15_native_packed-1_ja.9379/DEBS/o*とかいうやつである。ところが、ここであっさりハネられる。パッケージがlpia版ではないというのだ。つまり、gdebiは、アップグレードの結果lpia版でなくてもインストールできるようになってくれたが、dpkgはそうではないということ。頭を抱えてしまった。
だが、ここで思いついた。ひょっとしたら、gdebiはコマンドで使えるのではないだろうか。そこで、dpkgをgdebiに変えて、上記のコマンドをやってみた。すると、画面が進み始める。やった!と思ったのもつかの間、今度は依存関係でアウト。これはどうしようもない。
ここであきらめようかと思ったのだが、もう一つ思いついた。JauntyのリポジトリからOpenOfficeのdebファイルをとってくればうまくいくのではないだろうか。そこでJauntyのリポジトリに行ってみたのだが、ここにはdebファイルそのものは置いていなかった。
がっかりしたのだが、このリポジトリを探す過程で、PPAにOpenOfficeのリポジトリがあるのを発見した。ひょっとしたら、ここからならSynapticパッケージマネージャ経由でインストールができるかもしれない。そのリポジトリはここ。
http://ppa.launchpad.net/openoffice-pkgs/ubuntu/ hardy main
公開鍵は、例の
sudo apt-key adv –recv-keys –keyserver keyserver.ubuntu.com XXXXXXXX
というコマンドで追加。GUIがなぜかうまくいかないからここは涙を飲む。ちなみにXXXXXXXのところには、1回Synapticで再読み込みをかけてやったときに出るエラーメッセージ内の文字列を入れればOK。
これでSynapticからOpenOfficeを再導入(そうそう、あらかじめ旧バージョンのOpenOfficeは削除しておいた)。おそるおそるやってみると、何と最新版の3.1.0がインストールされた!
難点といえば、このリポジトリからは日本語パッケージがインストールされないこと。まあ、使い慣れたOpenOfficeだから、英語でも問題はないかな。
これでUME環境は完璧!かなあ…
posted by 松本 at 00:37| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。