2008年11月30日

再変換 - SCIM-Anthyのバグではない?

ワープロ時代から含めたらもう四半世紀もキーボードを叩き続けているというのに、いまだにタイプミスはなくならない。特にがっかりするのは、変換前のひらがなの状態で確定してしまう失敗。かつてはだいたい64文字以内に変換しなければならないというルールがあったから失敗しても64文字以上の入力が無駄になることはなかったのだが、最近は未変換のままだらだらとどこまでも打ちつづけることができるみたいなので、失敗したときのロスが大きい。
とはいえ、これは確定してしまった失敗部分を選択して再変換すれば済む話である。当初、Ubuntuを使い始めた頃にはこの再変換機能がよくわからず、けっこう面倒な思いもした。その後はちゃんと使えるようにはなっていたのだが、8.04ではけっこうバグっぽかった。具体的には何度か使用しているうちに、稀にではあるけれど、再変換のショートカットキーが効かなくなることがある。下手をすると文字を入力中のアプリ(大抵はOpenOffice)が固まったようになってしまう(多くの場合は、実際にフリーズしたのではなく、時間がたてば動くようにはなる)。再起動すればもちろん復活はするのだが、嬉しくないバグだなあと思ってきた。
では、8.10で改善したかというと、今度はハナから再変換を受け付けなくなってしまっていた。いろいろとキーバインドを変えてみたがダメ。まあ、タイプミスさえしなければ不要な機能なので、あまり気にはならなかった。が、少しだけ不自由な思いをしていた。やっぱりSCIM-Anthyのバグなのかなあと。
ところが、ふと思い立って、いつも文章入力で使っているOpenOfficeではなく、テキストエディタのgeditで再変換をかけてみた。そしたら、ちゃんと動作する。Thunderbirdのメール作成でも同じ。ということは、OpenOfficeとSCIM-Anthyの相性問題なのか?

さらに試してみたら、このブログを書いているFirefoxでも再変換は効かない。ということは、OpenOffice固有の問題でもなく、再変換のキーが通るアプリと通らないアプリがあるというややこしい話になる。これはどうもいただけない。
現状、ちょっと解決方法を思いつかないのだけれど….


posted by 松本 at 06:39| Comment(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。