2008年11月28日

Scribusはまだだった

ふと、8.10になってDTPレイアウトソフトのScribusはどうなったかなと思いついた。そこでSynapticで検索。バージョンが8.04のときと同じだったのであまり期待していなかったが、やはり日本語入力でつまづいて異常終了するのは変わっていないようだ。惜しいなあと思う。いまのところ無理に使わなければならない用事もないので構わないといえば構わないのだけれど、ぜひいっそうの改善をと願わずにおれない。


posted by 松本 at 12:32| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。