2008年11月07日

Fonの復活

8.10へのアップグレードをしたのは、まあ半年毎のお約束ということでもあるのだが、ちょっとLANまわりのトラブルがあったからでもある。というのは、最近(物理的な意味で)引っ越して、大きく通信環境が変わったのだが、それ以後、どうも接続速度が遅い。いろいろ調べてみたら、どうやらルータがよくないらしかった。これは価格.comの口コミ情報などでも非常に評判の悪い機種で、使っているうちに極度に通信速度が落ちるというトラブルがあちこちで発生している。このルータ、4年前の購入で、2年前の引っ越し以来使っていなかったのだが、久しぶりに使うようになって、どうやらこのトラブルに該当してしまったらしい。
しかも、そのトラブルをどうにかしようと思って、ファームウェアのアップデートに失敗、ついに再起不能になってしまった。しかたないので直接モデムに接続していたのだが、妻が「じゃあFonでどうにかならないの」と言うので、よく考えたらFonにはルータ機能がある。よし、これだと思って接続した。
しかし、Fonは、どういうわけか7.10へのアップデート以後、公開アクセスポイントであるFon_APにしか接続できなくなっており、非公開のセキュアなアクセスポイントであるMyPlaceには接続できなくなっている。ハードウェア的に対応していることは7.04でうまくいっていたのだから間違いない。だから、ソフトウェアの面での改善を待っていた。それが8.10でどうにかなるのではないかと期待していたのだ。

そして、期待通り、MyPlaceにはあっさりつながった。つながってみると、これが当然で、なんでいままで苦労していたんだろうと思ってしまう。理由がわからないので悔しいが、まあ、私のレベルのユーザーは素直に喜べばそれでいいのだろう。
これ以外にもネットワークまわりはいろいろ改善しているようで、有線LANにしても接続先が表示されるようになっているし、VPN接続なんてのもある。これはどう使えばいいのかわからないが、何にしても便利になるのはありがたいものだ。
ちなみに、FonのMyPlaceには妻のWindowsからも接続できたりできなかったりとトラブルが多かったのだが、WPAの設定を変えたらうまくつながるようになった。このあたり、ハードウェアの相性なんだかどうだかよくわからない。このWPA設定の変更は8.10へのアップデート直前のタイミングだったので、これが8.10になって接続が改善したことと関係あるのかどうかはわからない。いずれにせよ、WPAの設定を変更しただけでは8.04のときにはつながらなかったことは確か。アップデートのおかげでつながったのには間違いはない。
なお、問題のルータは、その後、別の製品と取り替え、順調に稼働している。だから無理にFonは使う必要はなくなったのだが、まあこれはこれで使い道があるので、接続している。そして、ルータの交換で、回線速度も無料サイトの診断値で20倍程度には上昇した。やっぱりこれでなくては。


posted by 松本 at 09:25| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。