2008年07月31日

Debianは難しいのかもしれない

せっかくいろいろな仮想マシンを用意したので、少し使ってみることにした。とりあえずワープロでの文書作成をやってみようと思って、OpenOfficeが使えるものということからDebianを起動してみた。作業中のOffice文書を共有フォルダに入れ、Debian側のOpenOfficeからアクセスして開く。OpenOfficeのバージョンは2.0だけれど、別に問題はない。日本語入力も順調だし、Virtual Boxのマウス統合機能を使っているおかげでほとんどUbuntu上でOpenOfficeを使っているのと変わらない感覚。
ところが、しばらく使っていて、やたらとCPU使用率が高くなっているのに気づいた。これは(たぶん別エントリーに書く)ある事情からシステムモニタを開きっぱなしにしていて気がついたもの。おかしいと思ってプロセスを見てみると、gvfsという文字列を含んだ一群のプログラムがやたらとがんばっている。このプログラムが何なのか、素人の悲しさで理解できなかったが、システムの根幹に関わるものではなさそうなので思い切って停止してみると、Virtual Boxの表示がおかしくなった。どうやら。Virtual Box関係のものらしいと、ここで見当がついた。

「ということは、Virtual Boxの使用はマシンにかなりの負荷をかけるのだろうか」と思ったが、WindowsをVirtual Boxで起動していたときにここまでCPU使用率が上がったかどうか覚えていない。そこで、今度は同じOpenOfficeでの作業を、DebianではなくMintをVirtual Boxで走らせてやってみた。結果、CPU使用率は普通にアプリケーションを使用しているときと似たような程度になった。
ということは、やっぱりDebianが異常にがんばっていたということなのだろう。もちろんこのことひとつでDebianがダメだとかいうものではない。そうではなく、たぶん、設定のどこかに、たまたま私の環境でがんばって動作するようなプログラムが入ってしまっているのだろう。ちょっとしたことでたぶんMint程度にはなるのだろうと思うけれど、素人にとってはやっぱりインストールしたままで普通に使えるものの方がいい。Ubuntuの大もとだからDebianだってきっとなかなかのものなんだろうと思うが、やっぱり玄人向けなのかなあと思う。たまたま私はUbuntuからLinuxに入ったのだけれど、それは決して間違っていなかったようだ。
それにしても、Mintはけっこう魅力的だなあ。OpenOfficeも2.4だし。
posted by 松本 at 12:34| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。