2008年07月14日

Windowsなんて嫌いだ! その2

(前回から続く)さて、本当のトラブルは、その数日後に起こった。数日おきにWindowsを立ち上げねばならないというのは私には珍しいことなのだが、とにかく仕事上の都合でWindowsに入ろうとした。Ubuntuをハイバネートにしてシャットダウンしてから起動し、起動メニューでWindowsを選ぶ。ところが、立ち上がらない。「lsass.exeが見つかりません」とか、「DUSAPI.Dllが見つかりません」とか表示されている。あれれ?
しかたないので、いったんUbuntuに戻って、検索してやる。なぜかわからないが、他にもこういうエラーが出た人がいるらしい。本来このdusapi.dllというファイルは、Windows/system32の中に存在しているものらしい。UbuntuからWindows側のディスクを開いて探すと、確かにそういうファイルが失われている。ないから「見つからない」というのは、よしわかった。でも、なんで突然ファイルがなくなるの?

そこでもう一度検索してやると、ネット上にこのdusapi.dllなるファイルはけっこう転がっていることがわかった。しかし、出所の怪しげなファイルを拾ってくるのは危険。さあどうする。さらに調べるとこれはMS公式サイトからも入手可能だということがわかったが、ダウンロードするとこれはWindows上でしか動かない自己解凍ファイル。これじゃあどうしようもない。
結局、「ダメならどうせ再インストールしなきゃいけないんだし」と腹を括って、ネットから拾ったdusapi.dllを所定の場所に入れてやることにした。どうせ、Windowsには何も個人的なデータは置いていない。再起動。けれど、やはりダメ。でも、エラーメッセージの内容が違う。そこで、今度は別の場所からダウンロードしたdusapi.dllに入れ替えてやる。今度は通った。どうもバージョン違いだったようだ。
ところが、今度は「WININET.DLLが見つかりません」と、別のエラーが出た。同じようにやはりネットから探して所定の場所に入れてやる。今度は、何か文句は言われたが、とにかくWindowsは立ち上がった。
ところが今度はIEが立ち上がらない。どうもそのはずで、wininet.dllはIEを構成する重要なファイルらしい。そんなものがなぜ勝手に消えるんだと、腹が立つのを通り越して呆れてしまった。
そうこうするうちに突然システムが終了し、青い画面に何やら警告が出て、後はもう電源ボタンを押して強制的に終了するしかなくなった。何度やっても同じこと。Windowsは起動するし、多少の操作はできる。けれど、フォルダを開けることさえできず(だってこれはIEの機能なのだから)、青い画面の警告で終了。「システムの復元」とか、一般的なWindowsのトラブルシューティングも、実行ファイルが失われているらしく、なにもできない。
そしてトドメは、ついにUbuntu側からもWindows領域が見えなくなってしまった。こうなってはもう、失われたファイルを拾ってきて補充してやるということさえできなくなってしまった。完全なお手上げ状態で、終了。
原因として思い当たるのは(というか、多分これしかないと思うのは)、数日前にログインしたときに、ウィルス対策ソフトのAVGの設定を変更したこと。たぶんこれで、AVGが暴走して片っ端から重要なファイルをウィルスファイルと誤認したんじゃないだろうか。ただ、似たような事例はネットを探しても出てこないので、ひょっとしたらこれは大きな濡れ衣かもしれない。わからない。さっぱりわからない。
こんな理解できない事態が起こるWindowsなんて、「大嫌いだ!」と叫んでもバチは当たらないと思うのだが、さて、一般の人々はどう思うだろうか。
posted by 松本 at 01:13| Comment(4) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
普通に使ってたらそんなことにはなりません。
Posted by tじゅn at 2008年07月16日 23:38
tじゅnさん、コメントありがとうございます。
そうなんですよね。普通に使っていたら壊れないと思って使っているのに、壊れてしまったわけです。なんでなんでしょうね。
思い当たるのは本文に書いたAVGか、それとも2ヶ月ほど前に交換したハードディスクの初期不良か。まったくわけがわからない事件でした。
Posted by Matsumoto at 2008年07月17日 17:28
いやいや、普通に使っていてもひどいですよ。windowsは。
windowsで何かやらなきゃいけない時は死にたくなるぐらい
吐き気がします。何もかもがゴチャゴチャで汚くて
ほとんど生産的なことができません。
Posted by toru at 2009年08月20日 21:29
toruさん、コメントありがとうございます。実際のところはWindowsをほとんど使わない私にはわからないのですが、慣れの問題もあって、もうWindowsは触れません。幸いなことに、昨年のこのトラブルをきっかけにデュアルブート環境をやめたので、その後は問題なく過ごせています。禍転じて福となったようです。
Posted by Matsumoto at 2009年08月21日 09:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。