2007年05月31日

Djvuの不思議

昨日インストールしたDjviewだが、動作しないわけではなかった。たとえば、アジア歴史資料センター(http: //www.jacar.go.jp/)やCentury Dictionary(http://www.century-dictionary.com/)のページに行ってみると、ちゃんとDjvu形式の資料を 閲覧することができた。
閲覧できなかったのは、実はInternet Archive(http://www.archive.org/)の資料である。このインターネット図書館は、膨大な資料を所蔵している。本の虫である 私を図書館や古本屋に放りこんだら何時間も出てこなくなってしまうのだが、まさにこのInternet Archiveはそんな本の虫を虜にしてしまうようなサイトである。ここでは標準の公開形式としてFlipBookやPDFとともにDjvuを採用してい る。そのDjvuが、どうにも読めないのだ。

Djvuを読めるページにいってやると、Djvuのビュワーが立ち上がったことを知らせるポップアップが日本語で表示される。いっぽう、Internet ArchiveのDjvuを読もうとすると、「Javaがアプレットを立ち上げようとしていますが構いませんか」というような意味のダイアログが英文で出 てくる。このちがいが、たぶんその後の結果の違いにつながっているのだろう。Internet Archiveでは、Djvuの形式が違うというようなメッセージ。対応バージョンがちがうのだろうか。意味不明だ。
このサイトには、Djvu形式のファイルをアップしてあるさまざまなサイトが紹介されている。けれど、私はDjvuのファイルを読みたいのではなく、図書館の本を読みたいのだ。別にダイエーのパンフレットなんて読みたいわけじゃなく。
さて、解決法はあるのだろうか。
posted by 松本 at 15:59| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。