2008年07月03日

Inkscapeで校正朱入れ

PDFや画像で校正用のゲラをもらうのは意外と面倒に感じる。最近続けてそういったケースが2回あった。紙ベースの校正紙なら赤ペンで朱入れするのだが、PDFや画像だとどうしようかと一瞬考えてしまう。以前ならいったんプリントアウトして朱入れした。けれど、さすがに現代は何事もWebベースである。朱入れした校正紙を郵送するというのはいかにも具合が悪い。といって、プリントアウトして朱入れして、それをスキャンで読み込むというのも馬鹿げた話だ。
Inkscapeは、ImageMagikとの併用でPDFの操作が非常によくなった。だから、今回は校正用のPDFをInkscapeで開き(あるいは画像を読み込み)、Inkscape上で朱入れした。これがけっこう楽だったのには驚いた。

似たようなことは昔にもPhotoshopを使ったりIllustratorを使ったりしてやったことがある。けれど、手間がかかるばかりで「面倒くさいなあ」と感じていた。だが、Inkscapeならどんどん進む。サクサク進む。
もちろん、AdobeのAcrobatのようなソフトを使えばもっと効率的にチェックができるのかもしれないが、滅多に発生しないこういう業務にはInkscapeがあれば十分だと感じた。
posted by 松本 at 17:20| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。