2008年06月16日

あこがれのUSB Boot

USBに刺し込んだスティックメモリからUbuntuを起動するという技がある。これには以前から憧れていたが、いくつかの事情から試せずにきた。ひとつは、十分な容量のメモリスティックの持ち合わせがなかったこと、もうひとつは何だか難しそうに思えたから。その他の事情もあったような気もする。
ともかくも、今回4Gのメモリスティックを入手したので、試してみることにした。
USBメモリへのインストールには、大別して2種類がある。ひとつは、通常ハードディスクにインストールする代わりにUSBメモリにインストールするというもの。もうひとつはLive CDのUSB版をつくるものである。どうちがうかというと、前者ではちゃんとシステムがインストールされるのに対し、後者の場合システムは圧縮されていて、起動プロセスでそれを展開していくことになる。だから前者ではメモリの空き容量は2Gぐらいは必要なのに、後者の場合CDと同じ700MB余りで可能。一方起動にかかる時間は、前者はハードディスクからと大差ない(だろうと思う)のに対し、後者ではLive CDからの起動と同程度になる(つまり遅い)。

USBメモリへのインストールの一つの利点は、WindowsマシンでUbuntuを簡単に起動できることだろう。前者の場合、Xconfigがインストールしたマシンの環境に合わせて固定されてしまうのに対し、後者の場合、起動の都度、Xconfigが再設定される(らしい)。ということなら、いろいろなマシンでUSB起動させてみるつもりなら後者の方法の方がいいのではないだろうか。
ということで、USB版のLive CDをつくるという方法を試してみることにした。参考にしたサイトはこちらである。
方法は至ってかんたん。一言で言えば、ldlinux.sys をUSBドライブにインストールし、Live CDの内容をそこにコピー、ファイル名を2ヶ所書き換えるだけである。実際にやってみた手順は以下の通り。

  • Synapticからsyslinuxをインストール(この際、mtoolsも同時にインストールされた)

  • USBメモリスティックを挿入し、gpartedで情報を確認(ドライブのフォーマットがFAT16であり、フラグがbootとなっていることを確認し、/dev/sdb1にマウントされていることをメモ)

  • 私にとっての禁じ手である端末を起動。sudo syslinux -s /dev/sdb1を実行。これでUSBドライブにldlinux.sysがインストールされる。

  • Ubuntu8.04のLive CDイメージをダウンロード。これを書庫マネージャでUSBメモリ内に展開。


以上で、再起動時に起動ドライブを選び直せば、あっさりとUSBメモリスティックから起動ができるようになった。
さて、実際にこれを少し使ってみた感想だが、憧れ続けたほどのこともないのかなというところ。 というのは、(システムが圧縮されている関係上当然といえば当然なのだが)システムに加えた変更が保存されない。だから、起動時はいつでもまっさら状態である。日本語入力関係のファイルなど、必要なプログラムはいちいちその都度インストールしなおさなければならないことになる。
それから、これは準備が悪かっただけではあるのだけれど、USBドライブをシステムを入れる領域とデータ保存用の領域に切り分けておくべきだったようだ。USBドライブにはたっぷり空き領域があるはずなのに、そこには(少なくともデスクトップからかんたんには)アクセスできなかった。したがって、必要なデータの保存や読み込みに少し難があるという結果になる。
確か、Live CDをカスタマイズするソフトもあったはずだから、そういうものを使えばもっと使いやすいものができるかもしれない。しかし、基本的にパソコン1台しかない私だから、そこまでやる意味があるのかどうか。人間、所詮は自分の役に立たないものに憧れるだけなのかもしれないな。
posted by 松本 at 14:39| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。