2007年05月31日

Djvuが見えない

近年急速にあちこちで書物の電子データ化が進んでいる。著作権との関係でいろいろ物議を醸すところもあるようだが、全体として私は歓迎すべき傾向かなと 思っている。こういった電子書物はさまざまな形式で公開されているわけだが、その中の有力なフォーマットにDjvuという形式がある。
これは、オープンな形式ということでもともとLinuxの世界からひろまったものらしく、MacintoshやWinにも対応していま すよということだから、当然、Ubuntuでも見ることができるものだと思っていた。ところが、やっぱりデフォルトでは見ることができず、ブラウザで開き にいったらプラグインを要求された。そこで例によってsynapticで検索すると、Djaviewというビュワーと、そのブラウザ用のプラグインがあっ たのでインストール。

ところが、ブラウザを再起動して読みにいっても、やはりプラグインがないと拒否される。そこでdjvuの拡張子のついた書籍ファイルをダウンロードしてス タンドアロンのDjviewで見ようと思った。このアプリケーションは問題なく立ち上がったのだが、見ようと思った書籍ファイルを提供している側が直ダウ ンロードには対応していないらしく、ファイルを落とせなかった。だから、スタンドアロンのビュワーでは見えない。これはまあ特殊事情といっていいだろう。
ともかく、ブラウザのプラグインで見なければならないということで、今度はモジラのサイトに行ってプラグインの対応を調べたら、plugin.datみた いなファイルに記述するようなことが書いてある。これは初期設定ファイルにあるから隠しファイルの表示ではいってみると、この設定ファイルにはきちんと所 定のパスが記入してある。じゃあなんなんだ?
もうちょっと悩んでみると、どうやらこれはJAVAの問題らしいと気がついた。JAVAはインストールされているのだが、ひょっとしてと思ってまた synapticに戻って検索をかけると、やっぱりJAVAのブラウザ用のプラグインはインストールされていない。なあんだと、これをインストール。
で、めでたしめでたしとなればここで気の利いた報告ができたのだが、最終的に、今度はJAVAは動いたものの、Djviewerのほうがダメだった。スクリプトのエラー文字列みたいなのがでるだけで。いったいどうなっているんだろう。やれやれ。
posted by 松本 at 15:57| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。