2008年04月08日

nautilus-gksuが使えない

私のような端末開いてコマンドという手段を使わないLinuxユーザーにとって欠かせないツールがnautilus-gksuだ。これをインストールしておけば、デスクトップやフォルダを開いたブラウザないから右クリックで「管理者権限で開く」というのができる。この機能を活用すれば、コマンド必須と言われている操作のかなりの部分はGUIでできることになる。
ところが困ったことに、Hardyのα版のいつのころからか、nautilus-gksuが使えなくなっていた。具体的に言うと、右クリックしてもメニューに「管理者権限で開く」が出てこないのだ。
これでは私のような人間は大いに不便。コマンドを避けるためにはデスクトップにランチャーを作ってgksu nautilusというコマンドを仕込んでおくしかないのだが、これって誤魔化しだよなあと思う。
今回ベータにクリーンインストールしてこのバグが治っていることを期待したが、やっぱりダメだった。正式リリースまでは無理なのだろうか。
代案として、nautilus-actionsをsynapticでインストールした。これで適当なスクリプトを入れれば管理者権限で開くことができるだろうと期待して。操作は簡単。システムの設定メニューにnautilus actionsの設定があるから、Webからダウンロードしたスクリプトを読み込むだけ。これで管理者権限で開くメニューも確かに出るようになった。ただし、これはフォルダを開くことはできず、たとえばテキストファイルなどを管理者権限で開くような場合に使うものらしい。まあ、これでも設定ファイル(たとえばfstabなんか)を書き換えるときには使えるだろうな。
やっぱりいちばん使いやすいのはnautilus-gksuだ。はやく復活してほしいと願っている。
posted by 松本 at 09:57| Comment(2) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Hardyの環境を所有していないので何とも言えませんが、
<a href="https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/gksu/+bug/201462" rel="nofollow">https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/gksu/+bug/201462</a>
の当たりに糸口がありそうです。
Posted by superhelix at 2008年04月10日 01:14
superhelixさん、ありがとうございます。さっそくアドバイスにしたがっていじってみたところ、無事に復活しました。詳細は別エントリーに書いております。多謝です。
Posted by Matsumoto at 2008年04月10日 10:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。