2008年03月27日

amv変換はLinuxで

かなり怪しげな動画フォーマットとして知る人ぞ知る、らしいのが、amv形式だ。どの程度怪しげかといえば、IT mediaのこちらの記事を読んでいただくのがいいだろう。
さて、そのamv形式への変換には、やはり怪しげなAMV ConverterもしくはAMV Convert Tools(どちらも同じソフト)をダウンロードしなければならないらしい。Wineで動くかどうかやってみたがダメ。しかたないのでWindowsで起動してインストールしてみたのだが、どういうわけかコーデック関係のエラーが出る。
やっぱり私のような真っ当な人間にはこういった怪しげな形式は扱えないのかなと思った。しかし、念のため、Ubuntuのフォーラムを探してみると、ちゃんと記事があって、Linux用のソフトも配布されているらしい。

そこでこの、Bytessence AMV Converterというのをダウンロードしてみた。圧縮されているファイルを展開し、実行形式らしいファイルのプロパティを開いて、プログラムとして実行可能のところにチェックを入れてやる。立ち上げると、うまく動作するようだ。しかし、「CoreにFFmpegがない」とかいうエラーメッセージが出てダウン。
調べてみると、展開したフォルダ内にCoreというフォルダが存在し、その中にffmpegが存在した。ただ、これまたダウンロードしたままでは実行できない形になっている。このためエラーが出たらしい。ということで、プロパティを開いて実行可能にした上で、再度トライすると無事にavi形式の動画がamv形式に変換された。わかってみると実に簡単。
Windowsでうまくいかなかったことが、結局Linuxだったら簡単だった。何のために何回も再起動をかけたのかとバカらしくなるが、ともかくめでたしめでたし。
posted by 松本 at 17:48| Comment(1) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

おかげさまであっという間にできました。
ありがとうございます!
Posted by AMV 変換 at 2018年03月27日 10:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。