2007年05月29日

立ち読みしてきましたLinux100%

Ubunutu(とKnoppix)を全面的にフィーチャーしたということで話題になっているMook「100%Linux」を、今日本屋に行ったついで に立ち読みしてきた。こういう本が出ることでいよいよ時代はLinuxみたいなことを書いている人もいたので興味があったのだが、一見してものすごくチー プで、おまけに圧倒的なVista関係のMookの中に1冊だけ埋もれていて、全く存在感はなし。

よくわからないけれど、たぶん、編集した人たちは特にUbuntuやKnoppixのユーザーというわけでもなく、たまたま「じゃ、次はLinuxね」と いうことで原稿集めた普通の編集者なんだろうと思う。だから、視点がWindows関係のMookと全く同じ。いや、同じなのはいいんだけれど、これじゃ あ誰もわざわざUbuntuインストールしようと思わないんじゃないだろうか。だって、ユーザーにとってなんのメリットがあるのかよくわからないから。と ことん、「WindowsでできることはLinuxでもできますよ」というスタンスを出ていないように思った。
Ubuntuを使ってつくづくよかったなと思うのは、なんといってもセキュリティの高さと安定性だ。これはWindowsに比べてということで、 Macintoshユーザーの感覚からいえば当たりまえのこと。いっぽう、同じハードウェアなら、UbuntuはMacintoshに比べて圧倒的にパ フォーマンスがいい。こういった調書をドン、と表に出さないで、3Dデスクトップができるから凄いみたいなことをいっても説得力がないんじゃなかろうか。 だって私は、3Dデスクトップなんか使わないけれど、絶対Ubuntuだと思っているのだから。
まあ、チープなエディとリアルにがっかりしたというのが大きいのかなあ。とっても読みづらいレタリングとレイアウトです。なんていうのか、メリハリがなく て、漫然と突っ込んでいった感じ。これが上記の、「この編集者って、Linux使いじゃないな」って思った理由でもある。内容に精通していれば、「ここを 強調しよう」みたいな意識から、メリハリがはっきりするものだと思う。拾ってきた情報をひたすら効率的に並べたら、たぶんこんなレイアウトになるんだろう な。
まあ、悪口はともかくも、読んでいて思ったのは、「やっぱりKDEはアプリケーションが豊富なのかなあ」ということ。まっさきにとり上げているのが UbuntuではなくKnoppixだということもあるのだろうけれど、やたらと「K」のつくアプリケーションの紹介が目だった。どうしよう。やっぱり XubunutuよりもKubuntuにすべきなんだろうか。
ともかくも、この「Linux100%」にしても、あるいは最近出たと聞く別のガイドブックにしても、なんかUbuntuに感じる心躍るものがないよなあ、というのが正直な感想。もうちょっとわくわくさせてくれるファンキーな入門書って、ないもんだろうか。
posted by 松本 at 15:55| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。