2016年05月30日

Ubuntu 16.04 Xenial Xerusの運用

Ubuntuの各リリースには英語の愛称がつけられている。確か6.06あたりからアルファベット順になり、初期にはそれぞれのリリースを愛称で呼んでいた。FeistyとかGuttsyとか、いまでは懐かしい。けれど、それももうXまできた。私はKoalaあたりからもう覚えるのが面倒になって番号で呼ぶようになってしまったし、Zまでいったらどうするんだろうとか、余分な心配までしてしまう。

ともかくも、この16.04に変えてから、いくつか不便なことがあった。まず、ときどきデスクトップの文字が消えてしまうこと。その後、どうやらその原因は私のローカルな環境にあることがわかった。フォントは、基本的にはシステムの領域のことだからリポジトリからインストールするのが基本なのだが、リポジトリにない追加フォントをダウンロードしてきた際には、homeの個人フォルダ内の隠しフォルダになっている.fontsフォルダ内に放り込んでやる。こうやって集めてきたフォントは、アップグレードしてもそのまま以前のものをコピーして使い続けてきた。思い起こせば、最初にそこにフォントを追加して以来ずっと同じフォルダをコピーし続けてきたわけで、ものによっては10年前に放り込んだファイルも残っている。そのなかのどれかが古びて時代遅れになったのか、あるいはリポジトリから導入したファイルと競合を起こしたのか、エラーの原因になっていたようだ。ということで、このフォルダを少し整理してやるだけで、ここは解決した。なあんだ、という感じ。

もうひとつは、サスペンド復帰後のネットワーク接続がおかしくなること。これもまた、私のローカルな問題であったようだ。というのは、数日前、息子のHPのPavilionの調子がおかしくなり、Ubuntuを再インストールする必要が発生した。このとき、古いファイルを残す必要から、私のAcer V5同様にシステム用のパーティションを新たに切り、元のUbuntu用パーティションのhomeにリンクを張ってそれを新たなhomeにするという作業を行った。すると、それまでに発生していなかった同様のバグが発生するようになったという。ということは、これはやってはいけない、というか、やるとネットワーク接続に影響が出てしまう処理だったらしい。

とはいえ、そういう運用にすることにしてしまった以上、当分はしかたない。これに関しては、ネットワークマネージャの再起動
 sudo systemctl restart network-manager.service
で対処することにした。いちいち端末を開くのも面倒なので、デスクトップ設定ファイルを作成し、そこに上記のコマンドを(ただしsudoをgksuに変更して)仕込んでやることにした。これで、接続がおかしいときにはそれをダブルクリックすれば済むようになった。この運用で、たぶん問題はないだろう。

なお、デスクトップ設定ファイルの作成方法はいろいろあるらしいのだが、面倒なので既存のデスクトップ設定ファイル(WineでWindowsアプリをインストールした際にデスクトップに作成されるショートカット)を複製し、そのプロパティを変更することで対応した。テキストエディタで開いて編集するほうが確実かもしれないが、その場合はテキストエディタを予め開いておいて、そっちから開くようにしないといけないようだ。
posted by 松本 at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

久々にXfceを使ってみた

16.04 Xenial Xerusにアップグレードしてから非常に快調に使っているのだけれど、ちょっと初期のバグらしいものに遭遇している。ひとつは無線LANのデバイスの認識がちょっとおかしくなっているらしいこと。起動したときはいいのだけれど、スリープして復帰するとなぜか有線で接続されている表示になっている。もちろんこれは表示だけのことで実際にはWifiに接続しているから実用上の問題はないのだけれど、接続を別のWifiに切り替えようと思っても操作ができないし、何らかの理由で接続が切れてしまったときに再接続ができない。これは少し不便だ。
そしてもうひとつ、やっぱりスリープ絡みのことなのだけれど、ごく稀に、スリープから復帰したときにデスクトップの文字が消える。全部消えるのではなく、歯抜けのように消える。ときには全部消えてしまう。おそらくフォントが読み込めていないのだが、その理由がわからない。一旦ログアウトして再ログインすれば元に戻るし、表示されないフォントがあっても操作ができないわけではないのでかまわないといえばかまわないのだけれど、やっぱり不便だ。

どうもこれはCompizのバグではないかという気がする。そういえば、以前にもごく稀に起こったワークスペースを混同してしまうエラーが、アップグレード後には以前よりも起こりやすくなっている。どうも新しいCompizにバグがあるのではないかという気がする。
だとしたら、Compizを使わないデスクトップ環境にすればいい。軽快なのはLXDEだとわかっているが、LXDEはきっちりとカスタマイズしてはじめて実力を発揮する。安直に使うならXfceでしょうと、Xfce4を導入した。
久しぶりだが、ほとんど見た目は変わっていない。ということは開発も止まっているのかもしれないが、巷でWindowsは7がいちばん使いやすいと言われているのと同じで、UIとしてはこれで十分なのだろう。パネルの設定を工夫すれば、Unityとあまり変わらない運用ができる。

環境を変更してとまどったのは、インプットメソッドのMozcが無効になってしまっていたこと。これは、ibus-settingを起動して改めて設定してやる必要があった。日常的に使うアプリのランチャーへの登録は手動でやらなければならないが、まあそのぐらいはご愛嬌。マウス(タッチパッド)、キーボードの設定などを自分好みにカスタマイズして、ほぼこれでOKかなというところまで、数十分の設定だった。

UnityでCompizを切る方法もあるのだろうが、Xfceで十分かなという気もする。何もアプリを使っていないときのメモリ占有量が半分くらいになったし、ワークスペースの移動も視覚効果がないぶん、素早くできる。しばらくこれでやってみようと思う。
posted by 松本 at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

Utauを入れてみた

随分と懐かしい声で電話がかかってきた。昔のバンド仲間のボーカルで、歌詞を書いたから曲をつけてほしいという。こっちはこっちでときどきメロディーが浮かんでは消えていくのがもったいないと思っていたから、二つ返事で引き受けた。すぐに曲はできた。
とはいえ、私は楽譜は書けない。はるか昔にはカセットデッキでデモテープを録音してバンドに持ち込んだものだ。早速デモテープと思ったが、もちろんこの時代にはMP3みたいなファイルになる。それはそれでいいとして、さて、録音してみるとどうもイメージが伝わってこない。やっぱりここのところには女声バックコーラスがほしいよなあとか、贅沢なことを思う。初音ミクでもあればボカロでコーラスなんてのもありだろう。難しいフレーズでもないから、適当なものがUbuntuでないだろうかと思った。

DTMは以前にいろいろ試している。楽器としてボーカル音声だけ入ればいい。そう思って探すと、「AquesTone2 - 歌唱合成VSTi」というのが出てきた。VSTというのはDTMのシーケンサーに組み込むプラグインの仕様らしく、多くのシーケンサーで使える。Ubuntuで動く音楽シーケンサーといえばいちばんお手軽で確実なのがLMMSだ。調べてみると、LMMSでかなりのVSTプラグインが動作するらしい。
そこでLMMSをリポジトリからインストールしてやったが、なぜかマニュアル通りにVSTプラグインが導入できない。あるはずのVeSTigeがない。それがなければ、AquesTone2のようなVSTプラグインを組み込めないわけだ。
さらにいろいろ調べていると、FeSTigeというアプリを使えばVSTプラグインが使えるらしいということがわかった。さらに後でわかったことを総合すると、これはどうやらVSTプラグインを単独で起動するためのフロントエンドらしい。そして、それを導入するためにはkxstudioのリポジトリを導入する必要がある。これはSynpaticのリポジトリの追加からできる。
さて、リポジトリを追加してFeSTigeを導入すると、すばらしい! AquesTone2が立ち上がる。だが、これだけでは使えない。シーケンサーがなければ使えないわけだ。それならと再びLMMSをインストールしてみると、なんと今度はVeSTigeが組み込まれている。つまりは、Ubuntu公式リポジトリのLMMSからは何らかの理由でVeSTigeが外されているが、kxstudioのリポジトリのものはVeSTigeをもっている。これなら話が早いと、そこからAquesTone2を起動しようとするが、なぜかこれが起動しない。
FeSTigeなら起動するのだから、どうにかならないはずはない、と思うのだが、よくわからない。もっと本格的にkxstudioを導入すればたぶんOKなのだろう。中途半端にLMMSだけというのがいけないのかもしれない。だが、やっぱりよくわからない。
それならと、WineでWindows版のLMMSを導入してみる。本末転倒な気もするが、こちらのバージョンにはちゃんとVeSTigeも組み込まれている。そして、AquesTone2も起動する。起動するのだが、どういうわけかGUIが消える。Windowは表示され、そのGUIパーツがあるべき位置をクリックすると一時的にそこだけが表示されてちゃんと動くのだけれど、すぐに消えてしまう。消えてしまうから、細かい調整ができないし、操作は「たぶんこのあたりにボタンがあるはず」みたいないい加減なものになるから、とてもやっていられない。音だけはちゃんと出るので、使えなくはないのだろうが、やっぱりダメだ。

とまあ、LMMS+AquesTone2は断念したのだが、もうちょっと調べるとWindows版のUTAUというボーカル用のシーケンサーがUbuntuでWine経由で動くらしいということがわかった(インストール関連はこのあたりの記事)。なあんだ、そういうことかと導入してみたら、簡単にインストールできる。ところが、なぜか音が鳴らない。理由はわからない。Wavファイルを作成しても、無音のものしかできない。
あちこち見ても特にそういう不具合の報告もないので私の環境の問題かもしれない。とはいえ、どうしたらいいかわからない。Wineの不調にはPlayonLinuxという手段があるので、そっちからインストールしようとしたら、なにかバグがあってインストールできない。
さて困ったと思ったが、さらに調べるとPlayonLinux経由で確かにインストールはできるらしい。じゃあなぜダメなのかといえば、おそらくそれは日本語環境だろうと見当をつけた。そこでシステムをいったん英語環境に変更し、PlayonLinuxから登録されているアプリを検索したら、すぐにUTAUが出てきた。ここでインストールされるバージョンは4.16だ。ダウンロードからPlayonLinuxにお任せで進めたら、インストールはあっさりと完了。日本語環境に戻って起動してやると、おめでとう! 無事に音が出ました。

なにがどう問題だったのかよくわからないが、ともかくも、これで女声コーラスをつける道具だけは整った。ただ、せっかくここまで来たけれど、「もういいや」という気になってきた。思うようなコーラスにするには、ここからまだまだ微調整が必要なようだ。ボーカロイドの世界も簡単ではないな。
posted by 松本 at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする