2015年06月24日

Sculptrisはwineのバージョンに注意

私は使わないのだけれど、中学1年になった息子がSculptrisという3Dモデリングソフトを使っている。先日息子のパソコンのOSをUbuntu 15.04にアップデートした後、改めてインストールしておいて欲しいプログラムの一覧を渡された。ほとんどがリポジトリに入っていてパッケージマネージャからワンクリックでインストールできるものだったし、そうでないものも(たとえばGoogle Chrome)もすぐにインストールできた。ところが、このSculptrisだけがインストールできなかった。
SculptrisにLinux版はない。けれど、WineでWindows版が文句なく動く。それは前回、Ubuntu 14.04のときに簡単にインストールできたことからわかっていた。そこでまず、Wineをインストールし、そしてダウンロードしたインストーラーを走らせてみた。けれど、途中でエラーになる。お手上げ。
はじめは、Wineの設定の問題だろうと思った。そこでPlayOnLinuxをインストールし、いろいろいじってみた。けれど、変化はない。次に、Ubuntuを64bit版にしたのがいけなかったのかとも思った。そこで32bit版のUbuntuを仮想環境にインストールして試してみたが、やっぱりアウト。
そこでようやく、Wineのバージョンではないかと気がついた。PlayOnLinuxでWineのバージョンを1.61に下げてみたら、すんなりとインストールできた。
調べてみると、システムのWineは1.62だった。わずかのバージョンのちがいで、インストールできなかったもののようだ。
ただ、さらに調べたら、14.04のWineも1.62らしいのだけれど…。まあ、解決したので悩まないようにしよう。
posted by 松本 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする